スポンサーリンク
キャンプレポ

始めは曇りで帰りは雨 タープの下でゆっくり過ごす 4月の孫太郎オートキャンプ場キャンプレポ

4月の孫太郎オートキャンプ場。初日は曇り、帰りは雨…。三重県南部に位置するこのキャンプ場で、そんな天候の中、1泊2日のキャンプを楽しんできました。アーリーチェックインをしてのんびりと海と波の音を楽しんだ今回のキャンプ。その様子をレポートします。
キャンプレポ

まだまだ寒い2月 ツールームの王道スタイルで! 休暇村南あわじシーサイドオートキャンプレポ

22年2月26日~27日の1泊2日で、淡路島南部にある「休暇村 南あわじシーサイドオートキャンプ場」に。まだまだ寒いこの時期に冬の海沿いという事で強風も想定に入れつつ準備を。2ルームテントでストーブとイスとテーブルという普通スタイルで。どんなキャンプになったのか?
キャンプレポ

五輪ときどきキャンプ 何をしに来たのか…2月のキャンプinn海山での2泊3日キャンプレポ

22年2月11日~13日の2泊3日で、三重県南部にあるキャンプinn海山に。当日は北京オリンピック(冬季)期間中。オリンピック見たいけど予約したキャンプはキャンセルなんて考えられなく、キャンプを決行。五輪の裏で決行されたキャンプはどんな様子だったのか、レポートします!
キャンプレポ

1月はお伊勢参りとコタツで快適 志摩オートキャンプ場で2泊3日のキャンプレポ

2022年1月8日~1月10日の2泊3日で、お伊勢参りも兼ねて三重県志摩市にある志摩オートキャンプ場に。電源サイトでコタツとストーブでガンガンに暖をとり、天気にも恵まれた伊勢志摩を満喫しつつ、キャンプでだらだら過ごした2泊3日の様子をレポートします。
キャンプ場

川と木がもたらす癒しの時間 三重県 キャンプinn海山をご紹介

三重県南部の紀北町に位置するキャンプ場「キャンプinn海山」。川沿いにあるサイトと、林間のサイトの2種類のサイトで構成されたキャンプ場です。川と木に囲まれた心地よい時間が流れるこのキャンプ場に行って来たので、どんなキャンプ場かをご紹介します。
キャンプレポ

料理に暖房に!ストーブのタクードをフル活用 12月のキャンプinn海山キャンプレポ

2021年12月11日~12日の1泊2日で三重県南部にあるキャンプinn海山へ。12月という事で、電源サイト(ホットカーペット)を予約!しかし当日はかなり暖かく、暖房は石油コンロのタクードのみとなり、それをフル活用。そんなキャンプの様子をレポートします。
キャンプ道具

ちょっと吊るす場所が有るだけで格段に快適さUP!ハンギングラック(ハンガーラック)のススメ

収納時は小さく、展開時は様々な場所に展開し、その時々で必要な物を吊るしておける“ハンギングラック”。使う前は「それ、ホントに必要?」と思っていましたが、使ってみて「これ、有るだけでマジ変わる!」に評価が変わりました。どんな風に変わるのか、ご紹介します。
キャンプ場

若狭の海と歴史を感じる大砲が魅力 福井県 赤礁崎オートキャンプ場をご紹介

関西圏からのアクセスが良好な赤礁崎オートキャンプ場に行って来たので、場内の詳細をご紹介します。福井県に位置しますが、舞鶴市の横なので、日帰り旅も出来るほどの近さ!若狭湾に面しているので、場内での海の景色はもちろん、近くでは海水浴に釣りにと、海を楽しむ事も出来ますよ♪
キャンプレポ

晩秋なのでストーブと焚き火で 赤礁崎オートキャンプ場のキャンプレポ

21年11月20日~21日の1泊2日で、福井県にある赤礁崎オートキャンプ場に行ってきました。すでに晩秋という事も有り、防寒対策もして準備万端!若狭湾沿岸に位置するキャンプ場なので魚介にも期待しつつ♪そんな 赤礁崎キャンプの当日の様子をレポートします。
キャンプ道具

小型の斧(手斧)での薪割は、ナイフでのバトニングより楽!但し、丈夫な薪割台が必要

焚き火には薪が必要。その薪を細く割りたい…と思った時によく見かけるのが、バトニング用ナイフと手斧。以前はナイフでバトニングしていましたが、今は小型の斧=手斧(ハンドアックス)を使用しているので、その使い方・使用感・必要な薪割台についてご紹介します。