サムギョプサルをBBQで作る!キャンプでサムギョプサルの作り方(レシピ)

サムギョプサル 見出し画像 料理

キャンプで食べれる美味しい豚肉料理…サムギョプサル

本来は専用の鉄板で油を流し捨てながら焼いて食べる、韓国の豚バラ焼き肉です。それを炭火でBBQで作ります。

キャンプで牛肉などと一緒に豚肉を焼く事も有るかと思います。でも、そうやって豚肉を焼いても、それをメイン食材として昇華させる事は出来ませんよね?

そんな脇役な豚バラ肉をメイン食材に昇華させるのが「サムギョプサル」!

さぁ、豚バラ肉を美味しく腹いっぱい食べてみませんか?安いですよ~♪

こんな方におススメ
・豚肉をBBQで美味しく頂きたい方
・BBQでサムギョプサルを作りたい方
・安くて美味しくて食べ応えが有るキャンプ料理を探している方

キャンプでBBQサムギョプサルの材料

まずは食材です。

材料(4人分)
〇豚バラ焼き肉用 or 豚バラブロック…500g
〇豚バラと一緒に食べる野菜(サンチュ・大葉・サニーレタス等)…たっぷり
↓以下、トッピング↓
〇白菜キムチ…1パック
〇ニンニク(スライス)…適量 ※サムジャンにすりおろしニンニクを入れる場合は無くてもOK

トッピングはお好みでOKですが、白菜キムチはマストアイテムです。良く合います。私は「エバラ 本技キムチ」が好きです。

次はサムギョプサルのオーソドックスなタレ2つです。サムジャンと塩ダレ…

タレ:サムジャン 4人分
〇味噌…大さじ2
〇コチュジャン…大さじ1
〇砂糖…小さじ2
〇すりごま…小さじ2
〇ごま油…小さじ1
〇ネギ…10㎝
〇おろしニンニク…小さじ1 ※子供などニンニクが苦手な方がいる場合は無くても可、入れる方が美味しい。

作るのも簡単ですがネットでも売っているので、面倒な場合はネット注文も有りですね♪

サムジャンはメチャクチャ旨い万能みそだれです。

タレ:塩だれ 4人分
〇ごま油…大さじ4
〇塩…4つまみ程
〇黒コショウ(粗びき)…小さじ1/2程

これはただ混ぜるだけ…塩加減・コショウの量はお好みで調整してください。

キャンプでBBQサムギョプサルの作り方

【工程:①タレづくり サムジャン ※家で行うと楽】

ネギはみじん切りにする。

みじん切りにしたネギと他の材料を全て混ぜ合わせる。

それほど汁っぽくは無いですが、持ち運びにはパッキン付きのフードコンテナ等がおススメです。

我が家は子供がニンニクを嫌がるので、ニンニク抜きでサムジャンを作りました。個人的には入れる方が美味しいと思います。

【工程:②タレづくり 塩だれ】

材料を混ぜるだけでOK!

食べる直前に、自分の皿に上記の材料の配分を目安にして混ぜ合わせると、洗い物が少なくなりおススメです。

【工程:③ 下ごしらえ】

下ごしらえは非常に簡単なので、キャンプ当日がよほど忙しい予定でない限り、キャンプ場での調理でOKです。

まず、ニンニクは薄切りにします。

次は豚肉…

豚バラ肉焼き肉用(厚めのやつ)が有れば、豚肉の下ごしらえは不要です。

豚バラブロックの場合は下の写真のように0.7㎝程度の厚さに切ります。

豚バラブロックもさくっと切れるコロンビアナイフ①

地味に難しいので、厚さ1㎝くらいになっていますけど、問題ありません♪

豚バラ焼き肉用とブロックの両方を購入したので、焼き肉用はそのまま盛り付け・ブロックは切った後くるっと巻いて盛り付けました。

サムギョプサル お肉を盛りました

野菜は洗って盛り付けます。

【工程:④ 食事開始】

本来サムギョプサルは専用の脂が流れ落ちる構造の鉄板で焼いて食べますが、BBQの場合は炭火の上に脂を落として食べていく形になります。

その為、そこそこファイヤー!な状態になるので、焼いている時はきちんとお肉を見ておいてくださいね。

炭火を熾したBBQコンロに小型のスキレットやフライパン、もしくは鉄板等を置きます。

キムチとニンニクを焼く為だけなので、焼ければなんでもOKです。

豚バラ焼き肉用であれば、すでに切れているのでそのまま焼くだけでOKです。

豚バラブロックを切っている場合は、ドーンと1枚焼いてから…

料理ばさみでカットしていきましょう!こっちの方が豪快で盛り上がりますよ♪

ついでに豚バラ肉の脂で炎も30㎝くらいボ~ボ~と盛り上がってきますよ(笑)。

焼けたら好みの野菜に乗せ、サムジャン・塩だれ好きな方で味付けをして、好みのトッピングを乗せて丸めてパクリ!

豚バラ肉が感動の美味さになります♪個人的にはサムジャンの方が好きかな~。野菜は写真の倍量くらい有った方が美味しく食べる事が出来ます。

豚バラが脂っこいので野菜と一緒がとにかく美味しいです。

4人前で豚バラ500gとなっていますが、食べ盛りの子だと足りないと思います。その場合は豚肉の量を増やしてください。

ただ、豚バラはけっこうな脂なので、あんまりこればっかり食べ続けにくいです。

その為、焼きおにぎりやトウモロコシ等のさっぱり食べれる物を用意しておくと良いですよ♪私は手羽中とサツマイモ・トウモロコシを別途用意しました。

アレンジメニュー 豚キムチ

豚バラとキムチが有るので、味変で簡単に豚キムチが出来ます。

しかも今回はサムジャンも有るので、メチャクチャ美味しい豚キムチが出来ます。

作り方は簡単…

①キムチを炒める
②豚バラを炭火で焼き、食べやすいサイズにカットする
③火が通った豚バラとキムチを合わせて醤油を一回し、サムジャン適量で味付けをする

豚バラの残りで豚キムチ

これだけでOKです。

サムジャンを入れた豚キムチは…お店の味です♪

短時間で調理が出来て・豚バラなので安く・美味しいと3拍子揃ったBBQメニューですよ♪

今回使用した道具

ユニフレーム ファイアグリル と ヘビーロストル

私の愛用BBQグリル ユニフレーム ファイアグリルに、ちびパンや小型スキレットを乗せて焼くにあたり、焼き網にヘビーロストルを使用しました。

ヘビーロストルが有れば12インチのダッチオーブンも載せる事が出来るので、ファイアグリルの可能性が広がりますよ♪

おすすめアイテムです。

ユニフレーム ちびパン

ちょっと何かを焼きたい時に有ると便利なサイズの小型フライパンです。黒皮鉄板なので手入れも普通のスキレットよりも楽♪

それでいて、ステンレスとは違って鉄器を使う楽しみも有るので、結構重宝しています。

こういった小型のフライパンやスキレットって、そんなに活躍の機会が無いように思いがちですが、ちょっとしたおつまみを作るとき等に、非常に活躍してくれますよ。

これに缶詰を開けて炒めるだけで…ただの缶詰だとは思わず食べてくれると思いますよ(笑)。

なぜなら、ちびパンや小型のスキレットは、それだけでオシャレだから♪

鋳鉄・ステンレス・黒皮鉄板 ダッチオーブンってどれが良いの?
ダッチオーブンってメーカーによって素材が違い、どれを買えばいいんだ…?どれがどう違うんだ!?って、悩むポイントの多いギアだと思います。そこで、実際私が鋳鉄・ステンレス・黒皮鉄板のギアを使った感じから、それぞれの違いを見ていきたいと思います。

あとは豚肉を切る際に包丁でも構わなかったのですが…バトニング用ナイフで切りました。出刃包丁みたいに使えるので、大きい物は切りやすいです。

ちょっとバトニングがしたいから 安いシースナイフ コロンビアナイフを使ってみた
バトニングに興味が有るけど、ナイフの購入が出費で試せない…。キャンプ系ユーチューバーがしているのを見て、楽しそう…。 でも出費が痛い…。今回はそんなバトニングをちょっと試してみたい方にピッタリな、お財布にやさしいコロンビアナイフをご紹介します。

その他、サムジャン入れとしてセリアのフードコンテナも活躍してくれました♪

キャンプに有ると助かる!「ダイソー・セリア」で“あとちょっと”を買おう!
100均、利用してますか?最近はダイソー・セリアを中心に100均でもアウトドアグッズが並ぶようになってきましたね!100円なのに結構良い物が揃っているんです!思わぬ掘り出し物が見つかったりしてキャンプがより楽しめるようになるかもしれませんよ~。

それではまた!

コメント