キャンプに使えるかも!?コーヒー缶サイズの濃縮ドリンク缶を試してみた

キャンプで濃縮缶を使って見た キャンプ全般

キャンプで良くある…「え!?もう飲み物が無いの?」問題(特に夏!)

キャンプのクーラーの中は保冷剤がたっぷり!飲み物もそこそこ持って行くけど食材も入れないといけないから…容量的に持って行ける量にも限界が有る…。

そんな風に悩んでいたぼるしちは、あるアイテムを見つけました!コーヒー缶サイズの濃縮ドリンク缶。

水さえあればさっと割ってお茶などが作れるのでこれは良いんじゃないだろうか!?

ということで実際に試してみたので、これは使える物だったのかご覧ください。

こんな方におススメ
・キャンプに持って行く飲料がすぐ無くなる方
・濃縮缶をキャンプで使ってみたい方
・キャンプ2日目にキンキンに冷えた飲料を飲みたい方

コーヒー缶サイズの濃縮ドリンク缶ってなに?

サントリーや伊藤園から発売されている、下の写真の缶飲料です。

「水と混ぜてすぐできる」1L~2Lの水に混ぜる事で麦茶・ウーロン茶・緑茶・ジャスミンティー・ダカラが楽しめます。

1Lだと濃いめ・2Lだと薄めになります。

ジャスミンティーは1Lではちょっと苦みが有り、飲みにくいので1.5Lくらいが美味しいな~という感じ。対して麦茶は1Lでも普通に飲むことが出来ました。

そう、蛇口さえあればどんな場所でも美味しいお茶やダカラを楽しむことが出来るんです♪

そう思うと…キャンプに持って来いじゃない!?と思いませんか?

そこでさっそく試してみました!

まずはオーソドックスに水に割ってみた

まずは普通に飲み終わった後の2Lペットボトルに濃縮ドリンク缶+水道水の組み合わせ…

暑い時期のキャンプでは大量に出る2Lの空のペットボトル…そこに濃縮ジャスミンティーを入れて…

水を入れてみました。

写真の量(水1Lくらい)ではちょっと苦かったですが、普通に美味しいジャスミンティーが出来ました♪

ペットボトルは、家から冷やして持って行った飲料が無くなった時に出てくるゴミなので、家から余分に持って行くのは180gのコーヒ缶サイズの濃縮缶だけ!

常温でちょっとヌルいのが欠点ですが、家からクーラーに入りきらなかったペットボトルを持って行ってもヌルいという結果は同じなので、そこは目をつぶれると言い張れば目をつぶれる(笑)。

でも…やっぱり冷たい飲料が良い…と、思いますよね。なので次です!

保冷用の氷で割ってみた

保冷用の2Lペットボトル氷で割ってみました。(この使い方がおススメ)

1Lから作れる濃縮缶なので、氷が半分くらい溶けてきたら使い時に入ってきます。

2Lのペットボトルで氷を作る時、水→氷に変わると体積が1.1倍になるので、少し少なめの水で氷を作っているかと思います。

なので、溶けてきたら濃縮缶1缶くらいならなんとか入るはず…。

そこで半分溶けた保冷氷に入れてみたところ…

感動や!めっちゃキンキンや!

そりゃそうですよね、氷が浮いてる飲み物ですからね(笑)。

メッチャ美味しい…冷たいって…癒しだ!

濃縮缶でドリンクを作ってもすぐに飲んでしまった!と言う時はまだペットボトル内に氷が残っているはず。

そんな時は氷が解け切らない程度の量の水を加えて(キャンプ場の蛇口から)、もう1缶濃縮ドリンク缶を加えれば!

再びキンキン飲料の完成です。

この濃縮缶が必要になる時は、家から冷やして持って行ったドリンクが無くなった時…

そんなタイミングでキンキンに冷えた飲み物がやって来たら…マジで嬉しい♪

結論 これは…まぁ十分使える!

私はあくまでも家から持って行ったドリンクが無くなった時の予備としての使用として考えています。

理由は

①キャンプ場の水で作ったら常温だから
②保冷氷で割るにはある程度氷が解けていないといけない(キャンプ2日目が使い時)

この2点の問題が有る為、これは予備としての使用が中心となると考えています。

でも、いざキャンプで冷たい飲み物が無くなった時、保冷剤が美味しい飲料に化けるなんて…結構ステキだとおもいませんか?

缶に入った濃縮ドリンクは1年くらい賞味期限もあるようなので、使わなかったら次のキャンプに持ち越すことも出来ます。

メインの飲料としては使いにくいけど、予備としてこれほど使い勝手のいい飲料であれば、わたしは「まぁ十分使える」と言えると感じました。

ちなみに2Lペット飲料自体を凍らせる事は、キャンプで冷たい飲料を確保する方法として昔からありますが、そこと比べての利点は…

①氷が残っている限りキャンプ場で水を追加してキンキンの飲料を作れる
②その時の気分で好きな味を割って作れる

という点が有ると感じました。

即飲用に冷蔵庫で冷やしたキンキンの飲み物+それが無くなった時の予備として濃縮缶は、私の暑い時期のキャンプスタイルになりそうです。

イオン等スーパーの店頭でも販売されていましたが、ネット通販でもあちこち取り扱われています。ネットだと1缶100円を切る値段も多いです。

暑い時期の水分補給+ミネラルも取れる点がうれしいダカラとか…

さっぱり飲める麦茶…

伊右衛門の濃縮も有ったり…

脂っこいものと相性のいいウーロン茶の濃縮も…

伊藤園からはお茶の王道「おーいお茶」や…

個人的に大好きなジャスミンティー 濃縮タイプはこればっかり買いたいくらい♪

伊藤園からもウーロン茶が出ていたり…

結構な種類が出ているので、皆さんもお気に入りの味をキャンプの飲料の予備として検討してみては?

暑いけどレジャーの時期!夏キャンプの注意点とその解決法 そして魅力
6月・7月・8月。輝く太陽とレジャーの季節♪ただ、個人的にはキャンプには最もハードな季節と感じています。とにかく暑い・虫・それらを考えると...ハード...。でも、夏はやっぱり魅力的な季節♪そんな夏キャンプの注意点とその解決法、魅力をお伝えしていきます。

それではまた!

コメント