バーベキュー+お米と言えばやっぱりこれ!焼きおにぎりの作り方

焼きおにぎり 醤油 これくらい焼けば完成 料理

バーベキュー(BBQ)で一緒に食べる炭水化物と言えば?

焼きそばをイメージする方が多いんじゃないでしょうか?焼きそばは美味しいですからね♪

でも、焼き肉のタレ味の後に焼きそばのタレ味というのが少しくどいな…と思った事は有りませんか?

そんな時は焼きおにぎりがピッタリ!

サッパリ美味しい白ご飯に、しょうゆベースのタレを絡めて…さらには味噌味なんてのも!

今回はそんな、バーベキューのお供にぴったりの焼きおにぎり(醤油味&味噌味)の作り方をご紹介します。

こんな方におススメ
・BBQのお供に焼きそば以外を探している方
・バラバラに崩れない焼きおにぎりを炭火で焼きたい方

・冷凍食品の焼きおにぎりみたいな味を作りたい方
・醤油味の焼きおにぎりに飽きて、別の味に挑戦したい方

醤油味 & 味噌味 の 焼きおにぎりの材料

材料
〇米…好きなだけ

《醤油ダレ》
〇醤油…大さじ2
〇本みりん…小さじ1
〇顆粒だし…小さじ1
〇ごま油…小さじ1

《味噌ダレ》
〇味噌…大さじ2
〇本みりん…大さじ1と1/4

私はみりん風調味料ではなく本みりんを使用しています。

みりん風調味料でも問題ありませんが、本みりんの方が美味しく出来ますよ。

焼きおにぎりの作り方

【工程:① タレを作る(家で行う)

醤油ダレ・味噌ダレはそれぞれ、材料全てを混ぜ合わせてタッパー等密封できるフードコンテナに入れて持って行きましょう。

【工程:② おにぎりを作る(ここからキャンプ場)

まずはお米を炊飯します。米1合に対し水200mlが目安です。(※調理器具の大きさで水分量は増減します。一度、目安で炊いてみて、次回以降調整すると良いですよ)

炊飯に関しては、私はユニフレーム キャンプ羽釜を使用していますが、スキレットやダッチオーブン等でも可能です。

ただ、あまり大きな調理器具になると水加減が難しくなりますよ。

炊飯がエンターテイメント!炭・薪・ガス 何でも使える ユニフレーム キャンプ羽釜をご紹介
キャンプでお米食べてますか?昔はかまどで羽釜を使ってお米を炊いていた…そんな光景、TVでは目にしたことがあると思います。そんな日本の原風景、キャンプで試してみたいと思いませんか?ユニフレーム キャンプ羽釜を使えば、炭や薪でかまど炊きのご飯が出来ますよ♪その使い方もご紹介します。
スキレットでお米を炊こう!
キャンプでお米、食べてますか?でも炊飯道具を持ってないから炊かないよ~っていう人も多いんじゃないでしょうか?ぼるしちはスキレットでいつも炊いています。アウトドア用炊飯グッズは無いけどスキレットならあるので、その炊き方をご紹介します。

キャンプ羽釜でガス火炊きをする事もあれば…

ガスは普通に置いて強火→弱火

炭火炊きをする事も…

炭でキャンプ羽釜炊飯

米を研ぎ、30分程水に浸してから初めは強火で、沸騰したら弱火で水分が無くなるまで(羽釜やスキレットなら15分~20分程度)炊きます。

炊きあがったら混ぜて、10分程蒸らしてからおにぎりにしていきます。

おにぎりはプレーンです。塩などは付けません。素おにぎりを作ります。

固さは、トングで持ち上げても崩れない程度でOKです。

家庭で事前におにぎりを作って行くより、炊きたての方がおにぎりがふっくらとしているので美味しいですよ。出来れば是非キャンプ場でお米を炊いてみてください。

無理だったり面倒であれば、家で握ってクーラーで冷やして持って行ってください。

【工程: 焼く】

バーベキューの横等で、炭火で焼き上げていきます。

おにぎりを焼く際は裏表はもちろん、側面にも焼き色を付けていきます。

これくらい焼けていればOK。

焼きが甘いと、醤油ダレを絡めた時にバラバラになります。

<焼きおにぎり 醤油 の場合>

焼いたおにぎりは、醤油ダレに両面を漬けます。両面ともサッと1秒程度くらいでOKです。

両面に醤油ダレを付けたら、さらに炭火で炙っていきます。

おにぎり表面のタレが乾いたら食べ頃です。

<焼きおにぎり 味噌 の場合>

焼いたおにぎりにヘラやスパチュラ等で味噌ダレを裏表両面に塗っていきます。(シリコン製が塗りやすくておススメ)

味噌は若干焼き網にくっ付きますが、気にせず焼いて行きましょう♪

軽く焦げ目が付いたら食べ頃です。

味噌焼きおにぎり

使用したキャンプ道具

ユニフレーム キャンプ羽釜 3合炊き

キャンプでお米を炊くのが非常に楽しくなる羽釜です♪3合炊き・5合炊きが有りますが、我が家は小食なので3合炊きを使用しています。

炊飯がエンターテイメント!炭・薪・ガス 何でも使える ユニフレーム キャンプ羽釜をご紹介
キャンプでお米食べてますか?昔はかまどで羽釜を使ってお米を炊いていた…そんな光景、TVでは目にしたことがあると思います。そんな日本の原風景、キャンプで試してみたいと思いませんか?ユニフレーム キャンプ羽釜を使えば、炭や薪でかまど炊きのご飯が出来ますよ♪その使い方もご紹介します。

おにぎりを焼いているBBQグリルは2種類登場しています。

ユニフレーム ファイアグリルと、ユニセラTG-Ⅲです。

ファイアグリルは専用の鉄板も販売されているので、お好み焼きや鉄板焼きが楽しめるのがうれしいポイントです。

ファイアグリルはオプションパーツが多いので、これだけで結構色々な調理が可能です。

ガッツリBBQの時などはこちらを使用しています。

ユニセラTG-Ⅲはコンパクトな卓上グリルなのに、5人家族でBBQ+焼きおにぎりが何とかこなせるくらいのサイズで、非常に使い勝手がいいです♪小型でバラバラに出来る構造なので、洗う時も楽♪

焼き鳥など、ちびちび焼いて食べる時や冬は、主にこちらを使用しています。

超コンパクトなのにガッツリ焼ける!ユニフレームの卓上グリル ユニセラTG-Ⅲがすごい!
食卓の上でバーベキューが出来る卓上BBQグリル「ユニフレーム ユニセラTG-Ⅲ」。超コンパクトなのに1家族が普通にこれ1台だけでBBQが出来る!さらにBBQだけでなくスキレット等も使え、鉄板焼きまで楽しめる!ユニセラTG-Ⅲがあればキャンプがさらに楽しくなりますよ♪

キャンプ羽釜を熱しているのはこちら…SOTO FUSION ST-330

マイクロレギュレーターを搭載しているので、冬でも使用可能なのがうれしいポイントです。

CB缶(家庭で使うカセットガス)を使用するので、ランニングコストが安いのも魅力♪

どっちを使えばいい?SOTO 分離型バーナー ST-301とFUSION ST-330を徹底比較!
どちらも似たような分離型シングルバーナー。両者の違いを徹底比較!これを見たらどちらを使えばいいかが分かる!輻射熱を気にしなくていい所が利点の分離型バーナーST-301・FUSION ST-330それぞれの違いを徹底比較していきます。

ちょこっと映ってるお皿は…チャムスのお皿

正直…結構高くて購入まで悩みました…。でも、お気に入りの食器が有ると、キャンプご飯が楽しく・華やかな気分になりますよ♪

高いので大切に使おうという気持ちにもなりますし(笑)。

見た目が良くて収納力もある!CHUMSの食器セットがすごく良い!
今まで100均の食器・景品でもらった食器など、とりあえず安かったり・余っている食器でキャンプ料理を彩っていたんですが、「CHUMS(チャムス)食器セット」をGETしました!アウトドア用食器セットの魅力と、CHUMS食器セットの中身を紹介します。

それではまた!

↓その他のお米キャンプ飯はこちら↓

キャンプで米を食べたい!なら炭火で「パエリア」を作ろう!
キャンプでお米が無性に食べたくなる事はありませんか?私はちょいちょい食べたくなるので朝ごはんに釜飯をしたり、BBQで焼きおにぎりをしたりするんですけど、今回はがっつり米を食べ、かつそれがメイン料理となれる素敵な料理「パエリア」を紹介します!
具材を入れて炊くだけ!キャンプで簡単!チキンのガーリックピラフの作り方(レシピ)
炊飯器レシピをキャンプに応用してみました。炊飯するだけの簡単ピラフなので、キャンプの朝食にもピッタリですよ♪炊くだけ・簡単・チキンのガーリックピラフの作り方をご紹介します。ユニフレームキャンプ羽釜・ダッチオーブン・土鍋等でも調理可能です。

コメント