ユニクロの使えるキャンプ・アウトドアウェアをご紹介(20年6月)

超快適 ジョガーパンツとブロックテック キャンプ道具

自称ユニクロキャンパーのぼるしち。

私のキャンプウェアの多くはユニクロです。ユニクロに行った際は「どれがキャンプに使える?」しかほぼ見ていません(笑)。

今回はそんなユニクロで、キャンプにがっつり使る・または使えそうなウェアをご紹介します。

こんな方におススメ
・安くて使えるキャンプウェアを探している方
・コスパに優れたウェアが欲しい方
・ユニクロが好きな方

コスパ最強 ブロックテックパーカー

3月~11月のキャンプではまず間違いなく持って行くウェアです。

出始めの頃に購入したので…もう3年くらい使ってるのかな??

ブルーのパーカーがそれです。

なぜ私が常にブロックテックパーカーを携帯しているか…

ブロックテックのすごい所
・防水かつ耐久撥水
・なのに透湿性能有り
・ストレッチ性も有り
・防風
・フード付き
・これだけ優秀で5,990円

これは冬季以外の時期でのウインドブレーカーになるだけでなく、かなり優秀なレインウェアとしても使えます。

(※冬はユニクロのシームレスダウンがブロックテックパーカーの代わりになってくれています。)

個人的にコスパ最強パーカーだと思っています。

ホームページによると、完全防水ではないとの事ですが、間違いなくオートキャンプ程度であれば十分に使えます。

ブロックテックの良い所は、前述の通り浸水を防ぐのに透湿性が有るという点です。

着用した感想は、同じような防水・透湿素材のゴアテックスよりは劣るけど、全然不快にならない程度の防水・透湿性はあるかな~という感じ。(ゴアテックスは値段も神がかっているけど、性能も神がかってる)

ブロックテックは構造がどうなっているのか…調べても出てこないのでわからないのですが、見た感じでは生地にゴアテックスのメンブレンような、なんらかの不透膜をはりつけているような感じがするので、素材自体に防水・透湿性能が有るっぽい…。

あくまでも見た目からの感想です…。間違ってたらすみません。

私はゴアテックスのスノボ手袋&普段履き用のゴアテックスシューズを使っているので、ゴアテックスの性能は十分に理解しているつもりです。

その比較から、防水・透湿共にゴアテックスの方が快適だけども…ブロックテックは価格・キャンプユースを考えると十分な性能を有していて、コスパに非常に優れていると言えます。

正直、ゴアテックスになると“超高スペック”・“価格も高スペック”で、ウィンタースポーツ・マリンレジャー等のがっつりと水と戯れる場面向けかな~と思っています。

ただし、シューズだけは普段でもゴアテックスが重宝しますケドね。

防水・透湿なので、春~秋の雨キャンプでのテントの設営・撤去等ではメチャクチャ重宝します。

ムレても湿気は外に出してくれるし、フード付きなので頭も濡れることはありませんのでね♪


設営・撤去は基本立って行うので、思いの外ズボンは濡れないんですけど、上半身はボトボトになります。

その上半身を、普段はウィンドブレーカーとして使えて・雨ではレインウェアとして使えるブロッテックは必須ウェアという事で、必ず携帯しています。

余談ですが…ズボンに関しては、私は耐久撥水のトレッキングパンツを使用しているので、それを普段着兼レイン用としています。

耐久撥水は…何度か洗濯していると、あっという間にダメになりますが(笑)。ズボンはそこまでボトボトになる事が多くないので、あんまり気にしてません(笑)。

このブロックテックはもちろん女性用も有りますし…(女性用は色が良い)

19年からは子供用も見かける様になりました!

超楽な履き心地 ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ

20年の新作です。

このウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ、ユニクロのこの夏の押しアイテム?「スポーツ ユーティリティ ウェア」のラインナップの1つらしいです。

早速キャンプで使って見ましたが…ヤバいです…。

ジャージより楽(笑)。

エアーズボン(笑)。


冬に試し履きしたので、これを履く前は同じくユニクロのヒートテック素材のイージージョガーパンツをはいていたのですが、冬用→夏用に履き替えたのも有りますが…履いているのかわからない位軽い履き心地です。

冬用のイージージョガーパンツをはいた時にデニム生地を卒業しようと思うくらい楽だったのですが、そのはるか上を行きました…。

ただ、一歩間違うと…ただのジャージのおっさんがキャンプ場を闊歩しているように見える可能性が有るので、上半身にはケミカルな素材を持ってくる方が合うような気がしました。(ジャージとは全く違う着心地ですが)

腰の部分はゴム+紐なので、ベルト不要♪楽です。

裾はゴムが入っているので、夏キャンプでの虫の侵入を防いでくれるので、かなり有難いです。

女性用はジャージ感が少ないですね~♪

私が購入したのは3月ですが、6月時点では色も増えており、ジャージ感が余り無い色も有りましたよ♪

わたしはベージュっぽい色のを追加購入しました♪

夏の不快な汗対策に ドライEX シャツシリーズ

これは昨夏から愛用中のウェアです。

夏・速乾・超快適♪

汗・だらだら・即乾燥♪

この白い服、超乾燥が早いドライEXシリーズのポロシャツです。

夏キャンプでテントを立てる際って…半端ない量の汗をかきます。

でも、このウェアであれば、立てた後タープの下でゆっくりしていると、気が付いたらもう乾燥している感じです♪

本当にかなり乾燥が早いです。

でも…

これで川に浸かったら…さすがに速乾しなかったですけどね(笑)。

汗程度なら結構すぐ乾くので、私は夏キャンプの必須ウェアにしています。

遂に出たんだね アノラックパーカー

私はブロックテック愛用者なので…多分購入しないですけど…

アノラックパーカーが発売されていました。

ユニクロもだんだんアウトドア寄りなデザインが増えてきて嬉しい限りです♪

ただ、このアノラックパーカーは化繊なので…焚火時には簡単に穴が開く可能性が有ります。これでコットンだったら…超使えそう…。

3990円でこのデザイン、ユニクロのしっかりした縫製を考えると、良い商品なのは間違いないですけどね♪

夏キャンプでちょっと寒さを感じたら ポケッタブルパーカー

これは夏用で、かつブロックテックを購入する前に使用していた分です。

ブロックテックパーカーよりコンパクトに折りたためる分、とりあえず持って行くにはちょうどいいサイズです。

この写真は子供用ですが、大人用でも収納のコンパクトさはそこまで大きく変わりません。

コンパクトに畳めますが、きちんとしたパーカーです。

20年のポケッタブルパーカーは「耐久撥水」「UVカット」機能が付いているので、夏の羽織物としてかなり優秀なパーカーとなっていそうです。

1・2年前に購入した私の ポケッタブルパーカーは、残念ながら全然撥水しなかったのでブロックテックパーカーに買い換えましたが…私のも購入時は耐久撥水と書いてあったような気はしますが(笑)…。

まぁ、耐久撥水は洗濯とかしているうちに効果は弱まりますからね~。

UVカット機能は付いていないので、この機能はうらやましい限りです…。

ただ、このポケッタブルパーカーはかなり薄いので、夏場のキャンプくらいでしか使う場面が無いかな~と感じています。

JWアンダーソン ポケッタブルオーバー

3月下旬発売らしいです。

JWアンダーソンシリーズは冬キャンプ出来ているのですが、かなりキャンプ映えすると思います。

JWのイージージョガーパンツなんて、2着購入しましたからね(笑)。

ユニクロのJW ANDERSON シリーズが秋冬キャンプにとても合う!
キャンプウェアの半分はユニクロの、自称ユニクロキャンパーです。JW ANDERSONコラボのウェアがあまりにも秋冬キャンプに向いていたので、発売初日に即買いしてしまいました!!ヒートテックパンツ・ボウフウボアフリースジャケットをレビューします。

ヒートテックで撥水でバックル式のベルト、さらにはリップストップ生地(格子状の見た目の生地・裂けに強く、テントなどに使用されている)、パラコードをあしらうなど…最高としか言いようがない♪

そのJWシリーズから超小型に収納できる事で人気のポケッタブルシリーズのオーバーだって♪

かなり気になる♪

気持ちTEVAっぽいサンダル(JWアンダーソンシリーズもあるよ)

私はテバクロと呼んでるこのサンダル(笑)。

めっちゃ使えます♪

去年は黒一色しか見なかったんですけど、今年はJWアンダーソンシリーズからラインナップされるみたいですね(20年3月下旬発売)。

なので、少しカラフルになっています。

このテバクロ、何が良いって…「安い(JWは2,990円)!」「ソールが厚くて履き心地が良い!」「ホールド感が良い!」という事で、キャンプの他に海水浴にもこれを履いて行っています。

ソール面には水分がしみこまないので、ベルト部分のみ濡れる感じです。

でも、結構乾きやすい(速乾では無いですよ)のでどんな使い方をしてもOKな汎用性の高さが良いですよ♪

本家TEVAの半額~1/3程度ですね~。

写真の通り、本家TEVAとは作りが違いますが、ユニクロのサンダルでも100mダッシュできましたので、スポーツサンダルとしても機能していました。

このテバクロ、私の足のサイズは25.5㎝ですが、Lサイズを履いています。サイズが普段の靴とは違う可能性が有るので、実際に試し履きしてからの購入をお勧めします。

シンプルなデザインでちょうど良いサイズ エコバック

地味に我が家のヒット商品です、ユニクロのエコバック

ユニクロ エコバックの詳細
〇素材…麺100%
〇サイズ…MとLの2サイズ展開
 Mサイズ…横45cm×高42cm
 Lサイズ…横59cm×高42cm

たまに収納袋が無いキャンプ道具ってありますよね。私の場合だとスノーピーク メッシュラックスタンドなんですが…入れた状態が上の写真です。

実際これだけの物が入っています。

見れば見るほど、何でこれ袋無いんだろ?持ち運びにくいじゃん…的なギアです(笑)。

でも、このエコバックが有ればすっきりと一纏めにして持って行くことが出来ます♪

ユニクロなので安定感のあるシンプルデザインも収納袋には使いやすいですし、綿100%なので肌触りも良いですしね♪

キャンプの食器干しは自立式がおすすめ!私はスノーピーク メッシュラックスタンドを選択!
キャンプで食器を使用。その後、どこにどうやって食器を干すか…なかなかいい物に巡り合えないっていう方、意外と多いんじゃないでしょうか?食器干しにしっくりこない理由と、その最適解として選んだスノーピーク メッシュラックスタンドの魅力をご紹介します。

これからも季節ごとに良い物を見つけたらUPしていきたいと思います。

それではまた!

UNIQLO

コメント