感動しました!インフレーターマット!これは凄い…

インフレーターマットは気持ちいい キャンプ道具

今までスノーピークのインナーマット(材質:ウレタン 厚さ:5㎜)で寝ていたぼるしちファミリーですが…インフレーターマットをGETしました!

感動です!!

どういった感動が待っていたのか…ご紹介していきます!!!

マットにはいくつか種類が有るよ インフレーターマット以外はこんなのが有るよ

寝袋の下に敷いて寝心地を改善するアイテム「マット」。

インフレーターマットを説明する際、その他の種類に触れないと説明が難しいので触れていきますね~。ご存知の方は次項からどうぞ~。

ではさっそく!キャンプ用品店などに行くと大まかに分けて3種類が販売されています。

①クローズドセル…銀マットの様に、すでにマットとして出来上がっており、広げるだけの物。
②エアーマット…浮き輪の様に、空気を入れることで使い物になるマット。
③インフレーターマット…①と②の特徴を併せ持ったマット。

となります。

①のクローズドセルは、銀マットとかです!銀マットと言われたらどんなものかすぐわかりますよね~。

エアー式の様に空気を入れずとも、広げるだけでもうマット♪手軽さが魅力な反面、嵩張るのが特徴です。

お値段は銀マットに代表されるように安めの物が多いです。が、断熱性の高い素材を使用していたり、嵩張る特徴を低減した商品などはそこそこの値段がします。

②のエアーマットは、空気を入れることでマットになるタイプの物です。

本当に浮き輪の様に、空気を抜けばかなりの小ささに出来ますが、空気を入れるのがかなり手間です…。

口で入れるのはなかなかの骨折り作業なので、電動の空気入れを使うのが普通じゃないかな?って思います。

注入するエアーが多い、厚みのあるタイプは寝心地は良いです。が、1つのエアーベッドに2人が乗ると重量差でどちらかに偏って沈むので、厚みのあるエアーベッドは1人1個が基本だと思います。

空気を入れる量が少なくて済むタイプも有りますが…、使用したことが無いので評価できません…。

エアマットは穴が開いたら終わりなので、尖った物の上に展開する等はNGです。

インフレーターマットって、なに?

エアーマットと同様、空気を入れることで膨らむマットです。しかし中にクッション材(多くはウレタンの為、今後はウレタンと表記)が入っています!

このウレタンのおかげで自動的に膨張してくれます。

弁を開放するだけで「シュー」っと空気が、ある程度自動で入るので、エアーマットの様に空気を入れる手間があんまり無いので楽です。(この部分はくわしく後述します。)

ただしエアーマットと同様、穴が開くと使い物にならないので、尖った物の上に展開するとかはNGです。

エアーオンリーの様なふわふわした寝心地では無く、ウレタンのおかげでしっかりとした敷き布団のような安定感が有ります。

中に入っているウレタンの厚さが商品により違う為、厚さによっても寝心地が変わりますが、3㎝~5㎝が多いのかな?と思います。

3㎝・4.5㎝・5㎝の厚みを使用したことが有りますが、寝心地は4.5㎝と5㎝が非常に良く、3㎝では少しクッション性が足りないな、と思いました。

展開サイズの割には小さくなる

空気を抜いて収納できる分、クローズドセルより小さくなります。但し、エアーよりはウレタンが入っている分大きいです。(※ウレタンの厚みが増せば増すほど収納状態のサイズがデカくなります。)

どれくらい小さいかというと…展開サイズ : (約)209×96×4.6cm、収納サイズ : (約)16×16×98cm のロゴス グランベーシック セルフエアマットなら…

収納時は写真の通りかなり小さいです(収納サイズ:約φ16×98cm )。コミック6個分くらいの大きさ(厚みはもっとあるけどね)が…

厚さ5㎝の極厚マットになります。

もし厚さ5㎝のこのサイズの銀マットが有れば…それだけでトランクルームは埋りそうですね…。

インフレーターマットの魅力① 超寝心地が良い♪

特徴を述べるだけですでに魅力を語ってしまっていますが…何よりも寝心地が良いんです♪

銀マットのようなハードなベースエアーマットのようなソフトな感触が生み出す、安定感が有りつつも柔らかさを提供してくれる寝心地はハンパないです!

今までスノーピークのインナーマットのみで寝ていた私は、快適さの余りインフレーターマットは人間をダメにする部類のアイテムと認定してしまいました(笑)。もう手放せません♪

ただし、店頭で厚さ3㎝のインフレーターマットと厚さ5㎝のインフレーターマットを比較して分かったのですが、やはり厚みが有る方が寝心地は良いです!

ただし、3㎝でも有るのと無いのでは雲泥の差ですよ~。

芝生サイトなら3㎝も十分快適だと思いますけど、砂利などの固い場所もあるので、厚みのある方が快適なのは間違いないです!

インフレーターマットの魅力② 底冷え知らず♪

このインフレーターマット、底冷え対策としてもかなり優秀なんです!

厚みのあるインフレーターマットは地面からの冷気を結構ブロックしてくれます。

冬にキャンプをする時にはかなりの強敵として君臨する「冷え」。その中でも寝ている際に感じる地面からの冷気をシャットアウトできるのは非常にありがたいです。

スノーピークのインフレーターマットでは、低温化では厚さが5㎜の為かなりの冷えを感じますが、インフレーターマットが有れば地面が冷たい~!さむい~!という感じはかなり無くなります。

電源が有れば底冷え対策としてはホットカーペットが最強ですが、インフレーターマットが有れば電源が無くても寝ることが出来ると感じました♪

インフレーターマットの魅力③ まぁまぁ勝手に空気が入るので簡単♪

エアー式の様に空気を入れて使う物なんですけど、ウレタンが膨張して半自動で空気を入れてくれるんですよね~。

ちょくちょく使う人は、空気の弁を開放して30分程ほったらかしにしているだけで結構な量の空気が入ってくれます。

長期間畳んだままにしているインフレーターマットは弁を開放してもそんなにたくさん空気は入らないので、何度か軽く空気を出してまた広げて…を繰り返すと空気がどんどん入っていきます。

そうしてある程度空気が勝手に入ったら最後は口で「フーっ」と吹き込みます。

ロゴスグランベーシックのインフレーターマットの様に大きなサイズでも、そこそこ空気が入っていたら口で入れる回数は4~5回で十分なくらいにしっかり空気が入るので、本当に楽です♪

積載&展開スペースが許すなら…デカい方が良い!

キャンプ用のマットなので、シングルのサイズは幅65㎝くらいの物が多いです。

でも中には

ロゴス グランベーシック セルフエアマット(厚さ5㎝)幅96㎝ というサイズや…

DOD ソトネノサソイ(厚さ4.5㎝)のS(幅60㎝)/M(115㎝)/L(140㎝)とサイズが有るうちのM/L等…

写真はソトネノサソイ Mサイズですが、収納してもこのサイズです。

ソトネノサソイは連結用ボタンが付いており、かなり使い勝手が良いです♪

ソトネノサソイは厚さ4.5㎝ですが、その上のソトネノキワミは厚さ10㎝…ぼるしちも未体験のゾーンが発売されています!

ソトネノサソイ・キワミ共にサイズ展開が有るので、手持ちのテントにサイズに合わせてマットを敷き詰められるのも魅力ですね♪

出典元:DODホームページより

エクスギア インフレーティングマットダブル(厚さ5㎝)幅130㎝ 等…

横幅がシュラフよりも大きい物の方が圧倒的に寝心地が良いです。

と、言うのも…皆さん寝返り打ちますよね?サイズが65㎝で寝返りを打ったら…どうなります?落ちますよね。

さすがに1メートル近い幅が有れば寝返りを打っても落ちることはそんなに有りません。

快適さを追求するならデカいサイズがおススメです。

同じように、子供2人分ならシングル2枚を購入するよりも、すでに繋がっているダブルサイズの方がずれる心配も無くて良いと思います。

ランドロック インナーマットに敷き詰めるにはどれがいい?

ランドロックのインナーテントに敷き詰めることが出来たら…どれだけ快適に眠れることか…♪

そう思って、本当に色んなインフレーターマットのサイズを調べて購入した結果がこれです!

ランドロックのインナーテントは台形みたいな形なので…一番横幅が有るところに合わせると、上の狭まっている部分に干渉してしまいました(笑)。

なのでちょっとだけ折り曲げて使う事になってしまいましたが

・エクスギア インフレーティングマット ダブル ×2
・ロゴス グランベーシック セルフエアマット ×1

で、わずかな隙間もなく敷き詰めることが出来ました!

ガチでピッチピチの隙間の無さなので、どう寝返りを打っても体はインフレーターマットから出ていく事はありません♪

インフレーターマットを折って使っていいのかは謎ですが…。

まぁ、敷き詰めたいけど入らんし…ええか。

という感じで敷き詰めています(笑)。

インフレーターマットで積み荷の体積を減らしつつ・快適な寝心地はファミリーキャンパーにはかなりの魅力だと思います♪

それではまた!

コメント