キャンプにはバラして・組み立てれる 100均で作るストーブガードがおススメ!

バッチリです!100均ストーブガード キャンプ道具

ぼるしちは冬キャンプの必須アイテムといっても過言ではないと思っています、ストーブ。

でも…むき出しのストーブって、ファミリーキャンパーには結構危ない、ヒヤヒヤするアイテムでも有りますよね。

「小さな子供が降れたらどうしよう?」
「知らない間に燃えやすい物がストーブに触れたら…?」
「ペットがストーブに当たったら?」

等々…

そんな不安を解消してくれるアイテムが、家庭でもおなじみのストーブガード!

でも…基本的にストーブガードって持ち運びを考えていないので、一度組み立てるとハラすのが大変だったり…そもそも結構高いし…。

そんなストーブガードをキャンプで使うために「簡単にバラせる!」「簡単に組み立てれる!」「安い!」「超コンパクト!」の4条件を満たす、100均グッズで作るDIYストーブガードをご紹介します!

100均でDIYストーブガードの材料

ストーブガードって、いわゆるこう言う奴です。安い物でも3000円くらいするものが多いです。

家で使う分にはがっしりとしていて良いんですけどね~。キャンプではね~…。

持ち運びが便利でないとね!できれば安い方が良いし♪

という事で、今回のDIYストーブガードはダイソーもしくはセリアで揃う道具のみで作ります!

しかも工具不要!

ではさっそく…材料を見ていきますね~♪

ダイソーのワイヤーネット ×4個 ・ サイズ:44㎝×29.5㎝

セリアのワイヤーネットコーナースタンド ×2袋(1袋4個入りなので8個)

私の使用しているストーブが「スノーピーク タクード」で、サイズが直径38㎝×高さ34㎝。

なので、横幅44㎝×高さ29.5㎝のワイヤーネットを選択しました。

高さが低めな理由は後程…。

ネットが1枚100円・コーナースタンドが1袋100円なので、全部で600円!!

しかも現地で組み立て・解体が出来るので持ち運びのサイズはネットの大きさとスタンドの大きさの実なんです♪

100均でDIYストーブガードの組み立て方

では組み立て方をご紹介します。

ワイヤーネット コーナースタンドの溝にワイヤーネットをはめ込むだけ!

8か所の角すべてにコーナースタンドをセットしていけば終了です。

ただそれだけ…。

はめ込むだけなんですけど、かなりしっかりしており、片手で乱雑に持っても崩れることはありません!結構丈夫です♪

なのでストーブガードとしての機能は申し分ない感じでした♪

ワイヤーネットはいくつかのサイズ展開がされているので、手持ちのストーブのサイズに合わせて大きさを調整出来るのも100均ストーブガードの魅力です。

斜めから見ても・正面から見ても、がっちりとしたトーブガード♪

バラすときも簡単です。

はめ込んで組み立てただけなので、コーナーガードの結合部分に対して斜めに広がる様にネットを動かすと取れます。

全て取れたら4枚のネットと8個のスタンドになるだけなので、小さくして持ち帰ることが出来ます。

好きなサイズで作れるから…こんな風にも出来るよ♪

今回私が低めのネットを選択した訳は…

調理に干渉しない様にするためです!

キャンプ向けのストーブの中でもタクードは特に低いので、あまり高めのネットにすると調理に邪魔かな~って言う事で、低いネットを使いました。

スノーピークの石油コンロ「タクード」はストーブとして暖かいのか?
スノーピークの石油コンロ「タクード」は、ストーブとしての暖かさは備えているのか?本来調理目的であるタクードが、ストーブとして使用できるのであれば、調理+暖房として一石二鳥です。冬キャンプでもタクードをガンガンに使用しているぼるしちが、その実力を見ていきます。
炎が美しい スノーピーク レインボーストーブの魅力
冬キャンプの必須アイテム、ストーブ。今回はそんなキャンプ向けストーブの中から石油ストーブの、スノーピーク レインボーストーブをご紹介します!毎年、秋の雪峰祭に合わせて限定デザインが発売されるくらいの人気アイテムですが、どんな魅力・注意点が有るのかな!?

こんな低いストーブガード…市販品では手に入りませんからね~、めっちゃ重宝します♪

あとは、ストーブガードが有れば濡れたタオルとかを乾かすのにもかなり便利です♪

この写真の時はまだセリアでラックのコーナースタンドを発見する前だったので、結束バンドで繋いでいましたが…作るのもばらすのも面倒でした…。

冬キャンプには欠かせないストーブをより安全に使うために、ぜひ挑戦してみては?

それにしても、100均って良いね♪

キャンプに有ると助かる!「ダイソー・セリア」で“あとちょっと”を買おう!
20年9月更新。最近はダイソー・セリアを中心に100均でもアウトドアグッズが並ぶようになってきましたね!100円なのに結構良い物が揃っているんです!思わぬ掘り出し物が見つかったりしてキャンプがより楽しめるようになるかもしれませんよ~。
100均のガイロープ・ペグ・自在金具・マーカーは使えるのか?実際に使ってみた!
20年8月更新。100均で手に入る「蓄光有・無のガイロープ」「アルミペグ」「蓄光の自在金具(素材はプラ)」「ロープマーカー」等が販売されています。これらは テントを安全に・確実に固定する為の重要パーツですが、そんなパーツが100均で代用できるのか?実際に使ってみました。

ストーブを快適に味わい尽くす、ストーブファンというアイテムもあります。

ストーブで寒さを感じたら…電源なしでファンヒーターに変える ストーブファンがおすすめ!
ストーブで寒さを感じたことはありませんか?普通のストーブがファンヒーターみたいに熱風を出してくれたらいいのに…って思いませんか?そんなストーブを、電源なしでファンヒーター化できる便利グッズがあるんです。それがストーブファン!その魅力をご紹介します!

それではまた!

↓その他のDIYレシピはこちら↓

焚火テーブルの真ん中が空洞でもったいないから天板を作ってみた!
真ん中が大きく空いていて、焚火台を置くとすごく使い勝手が良い焚火テーブルですが、焚火台を使わない時は大きな空間がもったいないですよね!そんな焚火テーブルを1つの大きなテーブルとして使うことが出来る天板をDIYしてみました!
厚さたったの0.9センチ!超簡単DIY「ペグテーブル」の作り方
今回は私のDIYキャンプ道具、ペグ(ソリステ30)とベニヤ板を活用した「ペグテーブル」の作り方のご紹介です。といっても、難しい工程は無いので初めてDIYするぞ!!って方にもピッタリなテーブルです。持ち運びの際はたったの0.9㎝の厚みしかないので、とても持ち運びに便利ですよ。
ベルテントの張り網短縮に!ショートポールを作ってみた!
ベルテント最大の問題「張り網が長い」を解消するための短いポールの作り方を紹介します。テント自体はコンパクトなのに、張り網を入れるとかなりの展開面積を誇るベル型…短いポールが有れば張り網の長さ問題が解決できますよ。

コメント