リアス式海岸で釣りと山…三重県紀北町「孫太郎オートキャンプ場」をご紹介

沈みゆく夕日を眺めながらの晩御飯です 孫太郎 キャンプ場

三重県紀北町 熊野灘臨海公園にある「孫太郎オートキャンプ場」

目の前に海・後ろには山があり木々も感じられる、自然に恵まれたキャンプ場です。

そんな孫太郎オートキャンプ場に行ってきたので、サイト・共用設備・その他含め詳細をご紹介します。

こんな方におススメ
・海が眺められるキャンプ場を探している方
・海と山(木々)の両方を楽しみたい方
・キャンプで釣りをしたい方

当日のキャンプの様子はこちら↓

スノーピークHDタープヘキサエヴォを初張りに!4月の孫太郎オートキャンプ場のキャンプレポ
21年4月10日~11日の1泊2日で三重県にある孫太郎オートキャンプ場に行ってきました。リアス式海岸が目の前という、素晴らしいロケーションキャンプ場。新タープ(ヘキサエヴォPro.アイボリー)の初張りにマンボウを食べて…。そんなキャンプの様子をレポートします。

※こちらのリンクは本文最後にも有ります。

孫太郎オートキャンプ場の基本情報

基本情報

基本情報
〇開設期間 : 通年
〇住所 : 〒519-3204 三重県北牟婁郡紀北町東長島浅間海岸
〇サイト数 : 区画サイト62区画(内 電源有21区画)・フリー有り
〇チェックイン・アウト : IN 14:00~ ・ OUT ~12:00
〇ゴミ : 捨てれます
〇トイレ : 和式・洋式(ウォシュレット有)混在
〇風呂 : 無し・シャワー有
〇給湯器: 有
〇その他 : 近くに温泉有り
〇予約 : 孫太郎オートキャンプ場ホームページよりネット予約

吹田ICから2時間半・名古屋西JCTから1時間50分ほどの位置にあり、関西圏・中京圏から行きやすいキャンプ場です。

紀勢自動車「紀伊長島IC]を降りて10分と、高速道路を降りて比較的すぐという好立地です。道中に細い道は無いので、ミニバンでも安心して走れる道ばかりというのもうれしい点です。

こちらが孫太郎オートキャンプ場の園内マップ。

トイレは管理棟と池広場の近くの2か所。炊事場も両サイドに2か所です。サイトはA・B・C・D・フリーから構成されており、目の前には海・後ろには山と林間散策路があり、自然をたっぷりと楽しめます。

共用施設はこんな感じ

【トイレ】

こちらのトイレの写真は中央にある管理棟の男子トイレです。和式が複数・洋式(ウォシュレット/写真)が1つ有りました。

女子トイレも似たような構成だったようですが、和式ではトイレが出来ない方向けにウォシュレット付き洋式が整備されているのは有難いポイントです。トイレは和式・洋式ともに清掃は行き届いていました。

キャパシティの大きなキャンプ場の為、利用者数が多いので、汚れている時も有るかもしれませんが、きちんと清掃されて手入れがされている印象でした。

【炊事場】

炊事場にはお湯が出る蛇口・出ない蛇口が有ります。

こちらは出ない蛇口…

こちらがお湯の出る蛇口…

お湯が出るところは限られているので、利用後は速やかに譲るように心がけましょう。

温かい時期はお湯は要らなくとも、寒い時期にはお湯が無いと油汚れを落とすのは至難の業…お湯が出る蛇口が有るのはとても助かります♪

冷たい水・熱い湯…つらい水仕事の強い味方 防寒・防水手袋テムレス
水が冷たい・冷えた手でお湯に触ると熱くて辛い。なので洗い物などの水仕事が辛い!そんな時は防寒テムレスがおススメです。防寒対策が施された防水透湿手袋なので、水仕事がグッと楽になりますよ。実際どんな特徴の手袋なのか、キャンプで使ってみた感じをご紹介します。

【ゴミステーション】

分別して大体のごみは捨てて帰れます。

面白いのが「貝殻」。燃えるゴミ(燃えるゴミにプラゴミも含まれます)・ビン・缶・ペットボトルを分別しますが、貝殻(笑)

ちなみに「生ごみ」はゴミステーションでは無く、炊事場の端に捨てる場所が有りました。

それにしても貝殻(笑)。伊勢志摩のあたりは的矢牡蠣の産地ですからね、さすがですね!的矢牡蠣…キャンプで焼き牡蠣…よだれが出そうです♪

この他、管理棟には洗濯機も有りましたので、連泊キャンプの際の服が洗濯できますよ。

サイトはこんな感じ

【Aサイト】

一番海側に位置する電源付きサイト。

孫太郎オートキャンプ場のA-9サイト

写真はA-9サイトですが、特に狭いという事は無いです。

下の写真が3×3mの ニュートラルアウトドア LGテント4.0と、布面積が6.4×5.55mの スノーピーク HDタープヘキサエヴォPro.アイボリー を設営した様子です。

HDタープヘキサエヴォProアイボリーとLGテント4.0

ヘキサエヴォをかなりテントに被せて設営していますが、2ルームテントもなんとか収まる感じだと思います。ヘキサエヴォ…張り網まで入れるとかなりデカいタープですから。(布だけでもかなりデカいですが)

電源は各サイトの端にあります。HPでは15Aと書かれていました。写真では20の文字が見えますが…15Aの様です。

【Bサイト】

Aサイトから一つ道路を挟んで山側にあるBサイト。B~Dには電源が有りません。

Aサイトが一番料金が高く、次いでBサイト → Cサイト → Dサイトの順にサイト使用料が安くなります。

広さはAサイトとほぼ同じくらい。

BサイトはAサイトから1つ道路を挟んではいますが、視界は良好です。

Aサイトのテントは見えますが海もしっかり見えるので、電源は不要だからAサイトはちょっとな~…という方にはおすすめのサイトです。

【Cサイト】

山側のサイトになります。

海側と比べると木々を多く感じれるのが特徴です。海岸より50m程離れているという事でちょっとプライベート感が感じられる作りですね。(実際には一杯人が入ったらプライベート感は無くなるでしょうけど)

HPによると他と比べて少しだけ大きく作られているという事です。

このブログの最初の方にアップしている園内マップでも、C・DはA・B各サイトに比べて広めの表記になっているサイトが多いですね。サイトによってかなりマチマチですけど。

【Dサイト】

Cサイトと同様、山側で海岸より50m程の距離にあるサイトです。管理棟、南側炊事棟の近くに位置するサイトで、HPによると少し傾斜が有るようです。

C・Dサイトともに、サイトごとにサイズが結構違うみたいなので、注意が必要かなと思います。場所によっては若干狭そうに(細かったりetc)見えました…。

【フリーサイト】

フリーと書いていますが、ロープで区画割りされているサイトです。車の乗り込みは不可ですが、すぐ脇の駐車スペースに止める事が出来るので、搬出入は比較的楽なフリーサイトです。

ロープで区画割りされていますが、グルキャンの際には連続して使う等すれば広く使う事が出来るので、大人数でのキャンプの際は区画サイトよりこちらの方が使い勝手が良いと思います。

区画内に車を入れない分、テントも張りやすそうですし、結構使い勝手がよさそうです。

目の前にはリアス式海岸 釣りが出来ます

キャンプ場のすぐ前に海が有ります。まず注意事項…

遊泳禁止です。

孫太郎は目の前が海

が、釣りは可能です。(遊泳禁止という事は何らかの理由が有ると思います。離岸流とか…。禁則事項には従いましょうね)

投げ釣りやルアーあたりが多そうに見えました。

竿は持参せずともキャンプ場でレンタル出来ます(※投げ釣り専用)。また、餌としてゴカイも販売しているみたいですけど、あくまでキャンプ場なので在庫切れの場合はご了承くださいとのことです。

ルアーや投げサビキをしたい場合は各自で用意する必要が有りますね。

ちなみに泳ぎたい場合は約1.4㎞離れた城ノ浜海水浴場が一番近い海水浴場です。

このキャンプ場で泳げなくても…

沈みゆく夕日を眺めながらの晩御飯です 孫太郎

素晴らしい夕焼けが眺めるので私は大満足です♪

そうそう、この海やその周辺でカヤック・SUPの体験も有ったり、その他いろいろな体験が出来るみたいなので、気になる方はホームページを見てください。

山も近くに感じれます

紀伊半島は大体どこも海のそばに山が有ります。なので、こちらも山がすぐ近くに感じれます。

孫太郎の朝日は山側から

山側から太陽が昇り…この写っている林の中に林間散策路が有ります。

林間散策路のような路に入らずとも…

こちらは池広場ですが、各所で木々を感じる事が出来ます。

海のそばで森林浴…海と山、どちらも楽しめるキャンプ場です。

温泉や道の駅が近い

こちらのキャンプ場には入浴施設は有りませんが、温泉は近くに「ホテル 季の座」があり、そちらで日帰り入浴が可能です。こちらのキャンプ場の姉妹館との事で、割引価格で入浴できるようです。

キャンプ場から1.5㎞なので、車ですぐの距離です。

また、紀伊長島ICから孫太郎オートキャンプ場への道中、道の駅 紀伊長島が有ります。

道の駅紀伊長島のマンボウの串焼き

食事も可能ですが、人気の道の駅なのか、私が行った時(4月上旬)は結構混んでいる印象でした。

道の駅 紀伊長島はマンボウがウリの様で、マンボウの切り身(ブロック・冷凍)やみりん干しが販売されていました。

マンボウを購入しました

その他の海産物も販売されていたので、キャンプで焼く海産物を購入するにも良さそうです(結構量が多めの単位での販売でしたが)。

キャンプの様子はこちら↓

スノーピークHDタープヘキサエヴォを初張りに!4月の孫太郎オートキャンプ場のキャンプレポ
21年4月10日~11日の1泊2日で三重県にある孫太郎オートキャンプ場に行ってきました。リアス式海岸が目の前という、素晴らしいロケーションキャンプ場。新タープ(ヘキサエヴォPro.アイボリー)の初張りにマンボウを食べて…。そんなキャンプの様子をレポートします。
梅雨ならでは?幻想的な夕日と虹 6月の三重県・孫太郎でのキャンプレポ
6月5日~6日の1泊2日で三重県紀北町「孫太郎オートキャンプ場」でキャンプ!今年は梅雨入りが早く、5月中旬に梅雨入りです。という事で、今回はがっつりIN梅雨♪初日は曇り・撤収は雨の予報の中、どんなキャンプとなったのか?結論…梅雨の合間の絶景に出会えました♪

それではまた!

コメント