冷たい水・熱い湯…つらい水仕事の強い味方 防寒・防水手袋テムレス

テムレスwinter キャンプ道具

冬の食器洗いや調理の際に水を触るのってツライですよね。

夏場は蛇口をひねっても生暖かい水が出るクセに…なんで冬はキンキンの冷たいやつが出るんだよ…

なんて恨み節も言いたくなるくらいに。

キャンプではなおさらツライ水仕事…

その水仕事をグッと楽に・快適にしてくれる強い味方
をご紹介します。もちろん家庭での使用にも威力を発揮しますよ♪

こんな方におススメ
・水が冷たい時期の水仕事が辛い方
・水仕事で手荒れに悩んでいる方
・キャンプの際の水仕事で、外気温との温度差でお湯に触れるのが辛い方

食器洗い・調理等の水仕事 冷たい・手が荒れる…あぁ辛い

キャンプの夜は寒い…外気温が10℃を下回るシーンでの水はホントにキツイ…

外気温が5℃くらいになると、手が痛くて食器なんて洗ってられない…

ただでさえ冷たい水では油汚れが落ちにくいのに、手が痛くてまともに洗えないから、なおの事落ちない…。

なのに!

手の脂分だけはしっかり落ちていき、洗い終わった後ガッサガサになっている。食器の油は残ってるのに…。

それが嫌で、お湯の出るキャンプ場を使ってみても…

冷えた手に40℃以上の、油が落ちる温度のお湯を使うと、熱すぎて手が痛い!

洗い物は何とか出来ても、水の時よりもお手てがガッサガサ(笑)。

もう…見るも無残な私のおてて( ;∀;)

そんな風に悩んでいた時に発見したのが今回ご紹介する「防寒 テムレス」&「TEMRESwinter」です。

そんな辛い水仕事の強い味方 「防寒テムレス」&「TEMRESwinter」

こちらが防寒テムレスです。

これって…もしかして!魚屋さんのアレ!!?

もしかしたら魚屋さんのアレかもしれませんね(笑)。お魚屋さんの手袋って、青いのが多いですからね(笑)。

魚屋さんのアレっぽくない黒色の「TEMRESwinterシリーズ」も有ります。

それぞれ若干仕様に差がありますので、別々にご紹介しますね。

防寒テムレス&TEMRES02winterの特徴

特徴① -60℃でも柔らかい

ポリウレタン製で‐60℃でも柔らかいとの事。冷たい水を触る以外に、氷や雪を触っても柔らかいままなので、寒い時期のアウトドアにピッタリ!ずっと柔らかいのは大事なポイントですね。

特徴② 内側が起毛で暖かい

内側がモコモコでメッチャ温かいです。

ゴム手袋な見た目なので、常日頃から使えるデザインでは無いかもしれませんが、冷たい水を触っても、この裏起毛のおかげで冷たさをあんまり感じません。同様に熱さに対しても裏起毛が温度変化を和らげてくれるため、手袋の向こう側は熱いんだな~程度に感じるくらいで、問題無く耐えれます。

水仕事で使う際には、この起毛は最高です。良い感じで断熱材になってくれています。

特徴③ 防水・透湿機能

このゴム手袋、ホントに水が染みて来ません。防水性を持つポリウレタンを手袋の本体全面にコーティングする事で、高い防水性を保っているようです。なのに透湿性が有るので手袋の中は快適です。

そもそも裏起毛が付いているから、普通のゴム手袋の様にベタッと張り付く気持ち悪さが無いのに、さらに透湿性も兼ね備えているので、超快適です。

ゴム手袋が有ると、手が洗剤に触れないので手荒れ対策になるけど、今までゴム手袋が気持ち悪くて使っていなかったという人には、裏起毛はホントにおススメ出来ます。

特徴④ 樹脂コーティングで滑りにくい

特殊樹脂コーティングを表面に施している為、高い滑り止め効果を発揮しています。

メラミンの食器・12インチのステンレスダッチオーブン・10インチの黒皮鉄板ダッチオーブン・チタンマグ・プラスチックのまな板等、色々洗ってみましたがどれも全く滑る事無く、素手並みに掴みやすかったくらいです。

なので、包丁なども滑らずに洗う事が出来ました。滑ってテムレスが切れると、防水性能が無くなる為、しっかりとしたすべり止め性能が有るのはかなりうれしいポイントです。普通のゴム手袋って、洗剤が付くと滑ったりしますからね。

ただ、食器に油が残っていも滑りにくいので、油汚れが残ってないか目視する必要が有ります。

特徴⑤ サイズ展開が有るので、ズレないピッタリサイズを選べる

4サイズあり自分の手に合ったサイズを選べるので、食器洗いなどの作業をしてもズレる事が有りません。

サイズ全長(cm)手のひら回り(cm)中指長さ(cm)
M27.021.57.8
L27.524.57.8
LL28.026.58.3
3L30.028.09.0

の4サイズ。

男性・身長173㎝・体重65㎏の私はMサイズでちょっと窮屈くらいです。手のひら回り約21㎝・中指の長さは7.4㎝。指先に1㎜位しか余裕がない程にピッタリです。なので、Lサイズでも良いかもしれません。内側が起毛なのでちょっとゆとりが有っても良いかなと思います。

私がMサイズを使用した感覚としては、若干窮屈に感じますが超ピッタリで全くズレないので洗い物がし易いのと、妻も使うのでMサイズで良かったと感じています。

防寒テムレスには無くてTEMRES 02 winterに有る特徴

特徴① 裾が絞れる

雪の侵入を防ぐ為に袖が絞れる様になっています。

そのおかげで、水仕事の際も袖口から水が入りにくくなっています。

防寒テムレスは裾を絞れない為、裾部分から水が入ってくる可能性が有ります。

なので、防寒テムレスの場合は裾を塞ぐように服を中に入れて使っていますが、絞れる方が便利なのは間違いないです。(※絞れなくても、サイズが有っていればズレてくる事は無いです)

またTEMRES 02 winterは袖口を絞る為のドローコードが有るので、それを利用して吊るして保管できます。

防寒テムレスの場合は吊るせる部分が付いていないので、食器干しの上に転がして保管する等しないといけません。

特徴② バックル付き

TEMRES 02 winterには左右の手袋をつなぐバックルが付いているので…

「あれ!?左手どこ行った!!?」

「あ…家でギアボックス整理した時に左手だけ収納し忘れたかも…」

という悲劇が起きません。

家で使う分には片方だけどこか行方不明になる可能性は低いですが、キャンプで持ち運ぶ際には、左右セットで繋いでおけるのは結構有難いです。

私は皮手袋をいくつか持っていますが、たまに右と右なんて言う悲劇も起こしていますから(笑)。

はめて暖かく・気持ち良い、防水透湿手袋の「防寒テムレス」・「TEMRESwinter」はキャンプの水仕事の強い味方と感じました♪

水仕事がつらい・手がガサガサになるのが嫌!という方は一度試してみては?

TEMRESwinterより防寒テムレスの方が安いです。黒い方が見た目がアウトドアっぽいのと、吊るして保管できないのが難点ですが…。

TEMRES winterには01・02・03が有ります。

01は防寒テムレスの黒い版と言った感じ。03は裏起毛が無く、インナーグローブを使えるようになっている為、洗い物を前提に考えるなら01・02がおススメです。02の方が裾が絞れるのと、吊るして乾かせるので、キャンプでは02の方が使い勝手が良いと思います。

冬キャンプ(非降雪地域)ならではの注意点をまとめた記事も有ります。

寒いけどやめられない!冬キャンプの注意点と解決法 そして魅力
今回は冬キャンプ(非降雪地域での)を始めるにあたって、用意した方が良い物と注意点、そして魅力をご紹介していきます。春~秋とは違う装備や注意点が有りますので、今まで春~秋限定だったけど、今年は冬も挑戦したい!!っていう方はぜひご覧ください。

それではまた!

足が寒くない!これ、冬キャンプに必須だ!ニューバランス キャラバンモック
※写真は19年モデル。20年モデルも発売中。私の冬キャンプでの必需品です。暖かくて快適なんです♪街中に比べてワンランク上の寒さが襲う冬キャンプに於いて、足元の防寒は重要です。スリッパにもなるキャラバンモックの使い心地をご紹介します。
焚き火のお供に 寒い時期・穴あき対策に 難燃性ブランケットが便利
燃えにくいブランケット…思った以上に焚火のお供に便利なギアでした。私が使用しているのはグリップスワニー(GRIP SWANY)の難燃性ブランケット。グリップスワニーでの使用した感じを元に、難燃性ブランケット全体のメリットをご紹介します。

コメント