川・自転車・アスレチックが楽しい! 広島県 大鬼谷オートキャンプ場をご紹介

大鬼谷オートキャンプ場 キャンプ場

広島県庄原市にある「大鬼谷オートキャンプ場」のサイト・共同施設等をご紹介します。

島根県との県境に近い森の中にあり、場内には川も流れており、自然を存分に楽しめます♪さらにマウンテンバイクのコースや、命綱を付けて渡るツリーマウンテンもあり、遊びもいっぱい!

冬は雪中キャンプも出来る、遊びにあふれた大鬼谷オートキャンプ場はどんなキャンプ場なのか?キャンプに行ってきたので、見て行きたいと思います。

こんな方におススメ
・子供が存分に遊べるキャンプ場を探している方
・川遊びできるキャンプ場を探している方
・避暑地のキャンプ場を探している方

当日のキャンプの様子はこちら。※本文最後にもリンクが有ります。

台風が接近中でも…大鬼谷キャンプ場でのキャンプの様子をレポート
台風接近中の9月5日~6日にかけて、広島県の大鬼谷オートキャンプ場に行ってきました!行くかどうか、かなり悩んだ結果...行くことに!天候はどうだったのか?どんなキャンプになったのか?当日の様子をご紹介します。

大鬼谷オートキャンプ場の詳細

基本情報

基本情報
〇開設期間 : 通年
〇住所 : 〒727-0413 広島県庄原市高野町南257
〇サイト数 :115区画(電源付き34・流し台付き26)
〇チェックイン・アウト : IN 13:00 ・ OUT 12:00
〇ゴミ : 分別回収可
〇トイレ : 和式と洋式の両方あり
〇風呂 : 露天風呂有り、シャワーも有
〇給湯器 : 
〇その他 : ペット可
〇予約 : 大鬼谷オートキャンプ場HPからネット予約

Google検索で吹田ICから4時間15分…結構遠いです。が、近畿圏のナンバーもまぁまぁ見かけます。

自然豊か・遊びがいっぱい・ペット可・給湯設備の有る共同炊事場・露天風呂有りという事で、人気のあるキャンプ場なんでしょうね♪

全部で115区画(その他、バンガロー・ツリーハウス・ログハウス・貸別荘等も有り)と大きなキャンプ場なので、場所によって若干雰囲気も変わります。

トイレ・炊事場・お風呂など

私が使用したのは下の赤丸の近くのサイトだったので、主な施設の写真はその近辺となっています。

が、他も同じような水準の設備でした。

トイレはこちら!洋式の他、和式も有りました。トイレには扉が有り、清掃も行き届いているキレイなトイレです♪

共同炊事場にはお湯が出る蛇口が有ります!

寒い時期は本当にありがたい♪暑い時期でも油汚れが格段に洗いやすくなるので、給湯器は高評価ポイントです♪

こちらのキャンプ場はごみを分別回収して頂けます。

生ごみは炊事場横にバケツが有るので、そちらに入れます。「それ以外の燃えるゴミ・ビン・缶・ペットボトル・ビニール&プラ・危険物(ガソリン缶など)・その他(針金など)・炭や灰」はセンターハウス横で分別回収となっています。

※大型のゴミは出しちゃだめですよ!あくまでもキャンプをしていた中で出た、ちょっとしたゴミのみです。

売店も充実しているので、覗いてみると結構楽しいですよ♪私は竹の柄の虫網を買いました♪

お風呂に関して…

センターハウスには男女別の露天風呂が有ります。まぁまぁ広く、洗い場も4か所くらい有ったので、かなり快適なお風呂です。

お風呂の営業日は土・日・祝&夏休みシーズンは毎日となっているので、クローズ時はコインシャワーを活用する形になります。

開いていれば是非入りたい!と私は思う露天風呂です。キャンプ場で露天風呂…最高!

各サイトはこんな感じ

広すぎて一部しかご紹介できません…

各サイトの広さにはかなり差が有ります。大型2ルームが普通に張れる所もあれば、無理そうな所も…

小型テント+タープを持っているなら、そちらおススメします。が、私は3回中3回ともランドロックが張れるサイズのサイトしか当たった事が有りませんけれど…。実際、3回中2回はランドロックを張ってます。

が、小さい物をお持ちなら、私なら小さい物を持って行くかな~。

(※一応…3回行った感じでは、使いやすいサイトから割り当ててくれている雰囲気です。あくまで個人的な感想ですが。)

林間サイト

林間サイトの電源・流し無しのサイト

私が利用したサイトです。

こちらは広いサイトで、ランドロックは余裕で出せるサイトでした。が、この裏に42番サイトが有るのですが、そこはランドロックは無理だな!と思うサイズ…。

電源付きサイト

こちらは林間の電源付きサイトです。ここは結構広いですね♪かなり使いやすそうなサイトでした。

電源・流し付きサイト

奥の方にある電源・流し付きサイトです。ドーム+タープが出ているので、そこそこ広いかな?という感じです。

白樺サイト

こちらは木の生え方の関係で、サイトによっては大型テントは悩む可能性が有ります。こっちでランドロックを設営した事が有りますが、かなりギリギリ…。その時は写真の右奥の方のサイトでした。

白樺の木が生えているので、雰囲気がちょっと違うサイトです♪

大鬼谷オートキャンプ場には色んな楽しみが有る

川遊び

大鬼谷の目玉の1つですね♪この川で泳ぐも良し!ただ眺めるも良し!マップには川で釣りをしている絵も描いてあるので、釣りも良いんでしょうね~。最高です!

雨が降ったらどうかは分かりませんが、比較的穏やかな川(Aサイト付近は)なので川遊びがし易いです。

あと、夏休みの時期にはヤマメの掴み取りもやっています。我が家も子供たちが挑戦しましたが、放流量もそこそこだったので、何匹か捕まえてくれました♪晩御飯に掴みたてのヤマメを焼いて食う!そんな楽しみも有ります。

無料のアスレチック

センターハウス近くにアスレチック遊具が有るので、子供には遊び場がいっぱいです♪

森の中なので虫も取れますし、川で遊べるし、それ以外に遊具でも遊べる!で、汗をかいたら露天風呂♪

ファミリーキャンパーには有難い物が揃いまくっています♪

ツリーアドベンチャー

無料の遊具も有るんですが、アスレチックなら本気の凄いのが有ります。

命綱を付けて渡る必要が有る、ツリーアドベンチャーです!

ツリーアドベンチャーは、18種類ものエレメント(関門)をライフライン(命綱)を頼りにクリアーする、全長220mの大冒険。
その舞台は何と地面から8mの高さに張り巡らされた、ワイヤーと木板でできたスケルトンな一本道。
ゴール後は達成感と興奮で心臓の鼓動がMAXになること間違いなし!
子供はもちろん、大人も楽しんでいただけます。
このシステムは2000年の開発以来、ヨーロッパ各地に45箇所の施工実績があり、高い安全性が証明されています。
万全な安全対策の中、安心して遊んでいただけます。
大鬼谷オートキャンプ場HPより引用

と、かなり本格的なアスレチックが有ります。こちらは有料ですが、すっごい楽しそう♪私はまだ挑戦した事が無いですけど…。

マウンテンバイク

我が家はこっちで遊びました♪

大人サイズ~子供サイズまでしっかりと揃っているので、家族全員で自転車に乗る事も出来ますよ♪

場内にはマウンテンバイク専用のコースも用意されているので、自転車の練習はもちろん、乗り回したい人にも満足できるアトラクションだと思います。

1時間350円(20年9月時点)で、1時間も乗り回したら…おっさんの私は足がパンパンになったので…十分満足できると思います(笑)。

ここに注意 大鬼谷オートキャンプ場

虫に注意

我が家はココでブヨに噛まれたことが有ります。

それだけきれいな環境といえますが、虫対策はしておくに越したことは有りません。

狙われやすいのは足首(当然それ以外も狙われますが…)なので、基本的には長ズボンの着用が良いですが、ブヨにも効果が有る虫よけスプレーや、パワー森林香等の屋外向け線香をプラスで、私は対策をしています。

温かい~暑い時期にこちらに行くのであれば、対策をおススメします。


ブヨに噛まれたら…帰ってから大変かもしれませんから…(笑)。

https://borusiti-camp-life.com/buyo/

夏キャンプの大敵「虫」対策を考えてみた
夏キャンプ、楽しんでますか?夏キャンプは1年で一番過酷なんじゃないかと最近は強く思っています。なぜなら!「刺してくる虫」と「寝る時まで暑い!」に苦しむからです…。そんな苦難に対して、今回は「虫対策」に絞って考えてみました。

ブヨが苦手なハッカを含むスプレーや…

有効成分イカリジンを配合した、金鳥 プレシャワー等…

これらで肌をガードするとともに、屋外用の強力な蚊取り線香「パワー森林香」等で、虫を遠ざける等で私は対策を取っています。

どれだけ対策をしてもやられるときはやられますケドね…確率を下げるという意味では重要だと思っています。対策をしていない人としている人がいるキャンプ場では…きっとしている人の方が被害は少ないはず(笑)。

それでも噛まれた時の対策として、ポイズンリムーバーは1つ携帯しておくことをおススメします。そんなに高い物では無いですからね♪

気温に注意

大鬼谷オートキャンプ場の標高は570m。

と、いう事は標高だけで考えても海抜0m地点より3.4℃気温が低いという事です。加えて森の中…

夏場でも夜中~朝方にかけては20℃を割り込むような日も有ります。

夏やし、ブランケットで寝よかな~?と思っていると、結構寒いやん…とか、秋キャンプで軽装だった場合、かなり寒い…という事もあり得ます。

出発前に「大鬼谷オートキャンプ場 天気」等で検索して、当日の気温はチェックしていきましょう!

夏場はちょっと寒い程度で済んでも、秋とかでかなり寒い…となったら、結構辛いですよ。

ベストシーズン!?意外と… 秋キャンプの注意点と解決法 そして魅力
キャンプのベストシーズンだと思う、秋。暑くなく・寒すぎず・食べ物美味しい♪そんな秋にも注意点が有ります。夏の感覚で行ってしまうと、結構辛かった…となりがちな秋。どんな注意点があるのか?その解決法は?さらに秋キャンプの魅力にも迫ります。

↓当日のキャンプの様子はこちらで紹介しています↓

台風が接近中でも…大鬼谷キャンプ場でのキャンプの様子をレポート
台風接近中の9月5日~6日にかけて、広島県の大鬼谷オートキャンプ場に行ってきました!行くかどうか、かなり悩んだ結果...行くことに!天候はどうだったのか?どんなキャンプになったのか?当日の様子をご紹介します。

それではまた!

↓その他の広島県のキャンプ場はこちら↓

森林浴にもピッタリ!休暇村 帝釈峡くぬぎの森オートキャンプ場をご紹介
森の中にあり、森林浴が気持ちいい「休暇 帝釈峡くぬぎの森オートキャンプ場」に行ってきたので、ご紹介します!深い森の中なので注意点も含めてのご紹介です。森の中なのでとっても空気が美味しいし、都会に比べて気温も低い、気持ちいキャンプ場です♪

コメント