徳島の清流で川遊びができるキャンプ場「ACNコットンフィールド」をご紹介

コットンフィールドのアイキャッチ画像 キャンプ場

大阪から3時間圏内にある徳島県の中腹に位置するACNコットンフィールド。

神山温泉の近くに位置していて、歩いて温泉にも行けるのが魅力。でも一番は清流のそばでキャンプが出来るという事♪

そんなコットンフィールドには川側のサイト(Rサイト)・山側サイト(Mサイト)・温泉側サイト(Sサイト)の3つのサイトが有ります。

私はRサイトとSサイトを利用したことがあるので、その経験を踏まえてコットンフィールドのご紹介をしていきます!

こんな方におススメ
・コットンフィールドの情報を知りたい方
・川沿いのキャンプ場を探している方
・川遊びができるキャンプ場を探している方
・歩いて行ける範囲に温泉が有るキャンプ場を探している方

ACNコットンフィールドってどんなキャンプ場?

基本情報

基本情報
〇住所 : 〒771-3310 徳島県名西郡神山町神領西上角272

〇サイト数 : オートサイト30区画(全区画AC電源有)
※Rサイト(川側)10区画・Mサイト(山側)10区画・Sサイト(温泉側)10区画
※Sのみ個別流し台付き
※R・Mは砂。Sは芝

〇チェックイン・アウト : IN 13:00 ・OUT 12:00

〇ゴミ:分別回収可

〇入浴設備:シャワー有。徒歩圏内に神山温泉有り

〇トイレ:R・Mサイトには和式と様式有。ウォシュレットは無し。Sサイトには様式・ウォシュレット有り

〇その他:コテージ・キャビン有。R・Mの炊事場の水道は水のみ。Sサイトはサイト内炊事場は水のみ。トイレ横の流しはお湯有

ざっくり、こんな感じです。

17年に伺った際にはSサイト(温泉側)は無かったのですが、18年かな?拡充されました。

Rサイト(川側)とSサイト(温泉側)の違いは後程ご紹介していきます。Mサイト(山側)は利用したことがありません…。

MサイトはRサイトの上にあり、管理棟の近くにサイトがあります。こちらは狭いとの表記は無いため、Rサイトより広いと思います…(Mサイトに関してはあいまいな表記ですみません)。

このコットンフィールドは大阪方面からは鳴門側から四国に入って、さほど遠くない場所に位置しているので、大阪からでも3時間ほどで行くことが出来るかと思います。

(私がよく通る道で、松原JCT➡高松中央ICまで2時間半~3時間ほどで着きます。四国は大阪からそこまで遠い場所ではありませんよ♪神戸からだともっと近いですよ♪)

関西方面からだと高速道路を降りて、石井町という所を通っていく形になると思います。

石井町を最後に、山の中に入って行ったらお店がほぼありません(コンビニはあるけど)。買い出しは石井町内迄で済ませておく事をお勧めします。

とにかく川遊びが魅力です!ACNコットンフィールド

まずこちらの写真を見てください。

Rサイト(川側)のすぐ裏に川が流れています。

川なので遊ぶ際はかなりの注意が必要ではありますが、私の感覚では比較的浅い場所が多く、遊びやすい川でした。

海の場合は体がべた付くのでシャワー必須ですが、川の場合はバスタオルで拭くだけでも快適なので、キャンプ×川遊びの相性はかなり良いと思います♪

私の感覚では比較的安全な川とはいえ、川遊びに関しては十分に天候・水嵩等に気を付けて遊ぶ必要が有りますよ。

キャンプで事故だけは避けたいですからね、子供だけで遊ばせるのは危険です。必ず親の目が届く範囲で遊ばせましょうね。

気持ちよさそうに泳いでる~!
大はしゃぎです!

四国には仁淀川や四万十川等清流が多いですが、その他の川も本当にきれいです♪

こんなきれいな川で遊びながらキャンプができるなんて、結構贅沢な時間です♪

夏キャンプの注意点とその解決法 そして魅力
6月・7月・8月。輝く太陽とレジャーの季節♪ただ、個人的にはキャンプには最もハードな季節と感じています。とにかく暑い・虫・それらを考えると...ハード...。でも、夏はやっぱり魅力的な季節♪そんな夏キャンプの注意点とその解決法、魅力をお伝えしていきます。

各サイトのご紹介

Rサイト(川側サイト)

Rサイトは基本的に狭いです。

近年はやりの大型テントの場合は設営不可になる可能性が有ります。私はランドロックユーザーですが、Rサイトを利用する際はコールマンのドームテントを使用しました。

コットンフィールドのHPにもRサイトは「少し狭いが小川が横ですぐ釣り等が出来る」と記載されています。

川沿いを希望される方は小さめのギアで挑むことをお勧めします。

写真のテント・タープのサイズですが…

テントは
コールマン ウインズドーム336DX
サイズ:約300×360×190(h)cm (終売品なのでタフドーム4より気持ち大きい程度の大きさ)

タープは
スノーピークの大昔のタープ(横5m×縦2.8m)

タープも、私が普段使っているシールドレクタLより少し小型のタープを持って行き、出来るだけコンパクトにまとめました。

奥行もこんな感じです。

ランドロックよりコンパクトにまとめているとはいえ、結構なサイズのテント+タープなので、普通にキャンプをする分には問題ないサイズのサイトであることは間違いありません。

大型の2ルームやトンネル型の場合は難しい(というか、無理)だろうな…と言う程度です。

Sサイト(温泉側)はRサイトよりも広いよ!でも…

SサイトはRサイトに比べると広いです。

私が使用したサイトではこんな感じでランドロックの設営が出来ました。結構余裕が有りますね♪

車の奥の建物がトイレ&洗濯機です。

ただし、写真奥側になると少し狭いなという感じで、Sサイトでも場所によっては大型はきつい可能性が有ります。

トイレに近いサイトの方が全体的に広いと感じました。

もともと2枚目の写真の奥側をあてがって頂いてたのですが、ランドロックなので広い目のサイトに変更できませんか?と相談し、道路横に変更して頂きました。

道路横なのでたまに人が通ります(笑)。というのも、Rサイトのすぐ横に神山ビール工房が有るので、それ目当ての人がパラパラ通るっぽい(笑)。

Rサイトは新しいサイトなので、トイレがめっちゃキレイです。

10サイト分のトイレなので、男女1個ずつになっています。

ウォシュレットはうれしいですね♪

トイレの横には洗濯機・乾燥機・お湯が出る流しが有ります。

温泉側サイトという事で、歩いて5分程度で神山温泉にたどり着きます。途中で公園もあるので、子供は結構遊べますよ♪

RサイトやMサイトからだと歩いて10~15分程は温泉までかかるので、温泉に行くには近くて便利です。

が、コットンフィールドの一番の魅力と思っている川に関しては…全く見えません…。

広さ・きれいさを取るか、景色を取るか…個人的には小型ギアでRサイト(川側)を攻めたいな(笑)。

清流には虫がつきもの!

きれいな水のある所に虫あり!

水のきれいなところでは蚊・アブはもちろん、ブヨにも注意が必要です!

夏に行った時はブヨには遭遇しなかったのですが、泳いでいるときアブには絡まれました。輩みたいなアブで結構しつこくやってきましたよ~(笑)。

まぁアブは大きいのでね、止まられたら気付く事が多いからそこまで脅威ではないんですが、ブヨはヤバいです!

私は遭遇しなかったのですが、居てもおかしくない綺麗な環境なので対策だけはバッチリとすることをお勧めします。

夏キャンプの大敵「虫」対策を考えてみた
夏キャンプ、楽しんでますか?夏キャンプは1年で一番過酷なんじゃないかと最近は強く思っています。なぜなら!「刺してくる虫」と「寝る時まで暑い!」に苦しむからです…。そんな苦難に対して、今回は「虫対策」に絞って考えてみました。

歩いて行ける周辺施設をご紹介

神山温泉

宿泊施設もあるので、かなり大きな温泉施設です。なので食事も出来ます。

入浴に関して
〇料金:大人620円 子供310円(3歳~小6)
〇営業時間:午前10:00~午後8時(10月~3月)・ 午前10:00~午後9時(4月~9月)
※20年5月現在

大きな施設なのでバッチリお土産も有ります♪

温泉と川を挟んで対岸側に結構きれいな公園も有ります。

この公園から橋を渡って温泉に行くので、コットンフィールドから徒歩で行く場合はみんな通ると思いますが、子供はココで引っ掛かって…なかなか先に進まないと思います(笑)。

KAMIYAMA BEER

Sサイト(温泉側)とコットンフィールド受付の間に神山ビールの醸造所が有ります。

Sサイトからは見えていますよ♪なので歩いて2分程度で着いちゃいます♪

ここでビールを飲むことも出来ますし…

瓶も売っているので、地ビールを温泉後にテントで一杯♪なんて楽しみも♪

この夏はきれいな川ですぐに泳げて、気持ちのいい川のせせらぎを聞きながらキャンプなんていかがですか?

GARVY+で予約を受け付けてくれているので、簡単にネット予約が出来ます。

四国で川遊びならこちらでも可能です。

日本一の清流 仁淀川を望む「おち仁淀川キャンプフィールド」でキャンプ!
高知県高知市より少し西に位置する仁淀川町。そこに流れる日本一の清流、仁淀川のほとりにあるスノーピークが運営するキャンプ場「おち仁淀川キャンプフィールド」を紹介します。仁淀ブルーで有名な仁淀川…噂にたがわぬ透き通った青も、キャンプ場から少し走った所で見ることが出来ますよ。

それではまた!

コメント