ぼるしちが考える 「キャンプの事前準備と持ち物リスト」

ぼるしちのキャンプ&ライフの画像(小) キャンプ全般

どうも!ぼるしちです!

今回はキャンプ出発前までに行う「準備」についてです!
楽しいキャンプの為の事前にチェックしておく項目、忘れものをなくすための「持ち物リスト」をピックアップしていくよ~!

キャンプ場の基本情報を整理する!

まず、調べることはキャンプ場の基本情報です。下の4点はチェックをお勧めします。

〇家から車で何時間かかる?
出発時間は何時にしようかを考える。慣れていないときはテントの設営など時間がかかるので、ェックイン可能時間に合わせていく方が良いですよ~。


〇オートサイト?フリーサイト?
オートサイトは車をべた付けできるので、ファミリーキャンプ等荷物の多い方にお勧めです。フリーはキャンプ場によりますが、車は離れた駐車場ということもあります。


〇サイトは芝?土?
芝はそれ自体がクッションになるので、良いマットがなくても土に比べて寝心地が良いです。土ならマットは良いものを用意した方が寝心地が良いですよ~。良いマット等の快適寝具が揃っていない間はきれいな芝サイトを重点項目に、キャンプ場を選定すると良いですよ。

〇キャンプ場の標高は?
次項で紹介する通り、キャンプは思っている以上に寒いと思った方が良いです。天気予報の気温も重要ですが、今住んでいる所からどれだけ標高が高いところにキャンプ場があるのか?で、大体の服装を予想して持って行くのが間違いがないと思います(キャンプ場の寒さの目安は下に記載しています)。

気象状況を確認する!

キャンプ場の天気予報を確認する

当日の気象状況は?


これは必ずチェックしてください。キャンプ場に近い町の気象ではなく、キャンプ場の天気予報です。今はキャンプ場の名前を検索したら調べれますから、ほんと便利!!
見るべき項目は「気温」・「風」・「天候」

「気温」は服装の選択の為。

「風」は、キャンプにおいて一番の問題は風です。普通の雨ならば耐えれば問題ないんです。ただ、風をなめたら事故につながります。風が強い予報の時は、当日テント設営時に風が吹いていなくても、必ずペグダウンしてからテント設営するなど細心の注意をしてくださいね~!

「天候」は、雨の合間にテントを設営・撤去をする。また、晩御飯は雨ならテントの中で出来るものにする。そういうふうに当日どのタイミングで何をするかを組み立てるためにチェックをお勧めします。

こちらは3月のキャンプ時(高知県:おち仁淀川キャンプフィールド)の天気予報です。

土曜日は雨が降らない=外でご飯・焚火が可。
日曜日は朝から雨=朝ご飯はテントの中で出来るもの。雨の降りだしが遅そうなら9時~10時には撤去を。
3月にしてはやたら気温が高い=薄めのを服レイヤー多めにして、暑いと薄着にして寒暖差に対応できるようにしよう。

等を天気予報から考えることが出来ます。
快適なキャンプには準備が大事!って思っています。

キャンプは思ったより寒い!

これは私のイメージです。が、大体こんな感じです。

いつも暮らしている町と、そんなに標高の高くない山辺のキャンプ場では季節がこれくらい違って感じます。大体1か月先の季節感ですね(※朝晩の気温の体感での季節感です)。

8月でも後半に差し掛かるとら朝晩は少し肌寒さを感じ始めてきます(日中は激アツです)。
3月なんて朝晩は冬ですよ!ほんと(笑)!日差しのあるうちは暖かいですけどね~。

なので、1か月先に対応した上着とかは絶対に準備しておいてくださいね!その日偶然寒くなかったら着なければ良いだけです。寒いとキャンプが修行になりますよ~。

標高が上がるとさらに寒くなります。
100m高くなると気温は0.6度下がるといわれています。海抜1000mなら6度低いんです!!
7月でも標高の高い山奥でキャンプした時は気温が18度とかになりました。夏用装備ではさすがに寒かった…。ブルッ…

忘れ物をなくして楽しいキャンプを!「持ち物リスト」

高規格キャンプ場ではレンタル・購入できるものも多いので、忘れ物があってもキャンプができない!なんてことは少ないです。

でも、せっかく買ったキャンプ道具があるのに無駄な出費はしたくないですよね~。


私もランタン忘れたり、石油ストーブ用の灯油差しを忘れたり、まぁ色々忘れましたよ~(笑)。
灯油差しはPETボトルを切って代用したりできますが、ランタンはね~レンタルするしかない…。無駄な出費でした…。

そういう思いをしてほしくない!と思い、一般的なキャンプで必要だろうと思う持ち物リストを作成しました。
コピーなどして適当に印刷してご使用ください。(画像をクリック➡拡大した画像で右クリック➡画像をコピー➡エクセル・パワーポイントなどに張り付け➡印刷 で、できると思います)

□は私が思う必須アイテムです。
〇はあれば便利なアイテムです。

見方の一例では
タープは2ルームなら必須ではないですね~。
カッパも、晴れ予報なら不要です(ただ、山の天気は変わりやすいですけど)。私はユニクロのブロックテックを防寒着兼雨具として常用しています。
調理器具は作る料理によるので、必要なものをチェックしていってください。
虫対策は、冬以外は絶対必須です!!ブヨはやばいです!!蚊なんて足首だけで15か所かまれたことありますけど、あんなもんカワイイもんです。ブヨはやばいです!!
お風呂は、あれば入りたいですね~。シャワーだけなら入らないことの方が多いです、うちは。

キャンプ前日までの準備としては、こんな感じですね~。
あ!あと保冷用の「氷」!これは大事です!作る際は冷凍庫で3日くらいキンキンに凍らせてくださいね!

それではまた!

コメント