キャンプのサイドディッシュにささっと1品 「バーニャカウダ」の作り方

ディップして食べよう 料理

どうも!ぼるしちです!

キャンプに行ったら野菜ってどう食べますか?
とりあえず焼いて食べるだけだと、どうしても飽きちゃうし、子供も進んで食べてくれませんよね~。

そんな時はバーニャカウダがおススメですよ♪
バーニャカウダにすると野菜は生でもOK!焼いても美味しい!おつまみにもなるけど、子供だって喜んで食べてくれるので、キャンプのメインディッシュ「肉」のお供にピッタリなサイドディッシュです♪

バーニャカウダの作り方

材料

まずはバーニャカウダのメインとなる、ディップソースの方です!

【材料】
〇オリーブオイル…60㏄
〇牛乳…80㏄
〇ニンニク…3片~4片
〇アンチョビ…1缶

オリーブオイル・牛乳の分量はざっくりとした目安です。オリーブオイル:牛乳=3:4程度の割合でいけばいいかと思います。
今回使用したアンチョビは1缶100円ちょっとの安いやつで、固形量18gのやつです。

牛乳は空いたペットボトルに入れて持って行きました。ほんまペットボトルは便利ですわ~♪
真ん中で切ればじょうごになるし~♪保冷剤にもなるし~♪

前に一度、ストーブのじょうごを忘れた時が有ったんですけど、ペットボトルを切って代用しました…あんときは焦ったよ…。あって良かったペットボトル♪

【ディップする野菜】
〇大根
〇きゅうり
〇パプリカ

上のはおススメの食材です。でも、大体の野菜は合うと思うので、お好みで大丈夫ですよ。

今回使用した道具

〇6インチのスキレット
〇すりこぎ棒か、その代わりになるもの(今回はスプーンの腹)

シェラカップでも出来ますが、途中すりつぶす工程があり、スキレットのデコボコがすりつぶし易いのでおススメです。6インチのスキレットはディップソースを作る時にはかなり役立つので、便利ですよ~。チーズフォンデュでも使っています。

BBQにアクセントを!炭火でも焦げずに出来るチーズフォンデュの楽しみ方!
今回ご紹介する料理は「チーズフォンデュ」です。炭火で食材を焼いて、炭火でチーズフォンデュを保温して楽しむ方法をご紹介します!全て炭火+BBQコンロで完結できるので、BBQでお肉は焼き肉のたれ+野菜はチーズフォンデュ等、幅広い楽しみ方が出来ますよ!

作り方

調理時間の目安は20分です。


【工程:①】
ディップする食材を、バーニャカウダソースを付けて食べやすい大きさに 細長く切っていく。

【工程:②】
ニンニク・アンチョビはみじん切りにしておく。
その後、スキレットを火にかけ、牛乳を60㏄程入れ、みじん切りしたニンニクをすべて入れて煮る。弱火で煮て、柔らかくなるまでしっかりニンニクに火を入れましょう。

実際作った時は牛乳・オリーブオイルは完全に目分量でテキトーに作ってました(笑)!

【工程:③】
ニンニクに火が通って柔らかくなったら、みじん切りにしたアンチョビを入れ、オリーブオイルを60㏄程入れる。

ニンニク・アンチョビの量に対してオリーブオイルが少なそうと感じたら、オリーブオイル:牛乳=3:4程度の割合で混ぜていけばOKです。

この状態では、みじん切りにした食材が大きすぎて食材に絡まない為、煮込んだニンニク・アンチョビをすりおろしていきます。
すりこぎ棒があるならそれで、なければスプーンの腹などでペースト状になるようにすりおろしていきましょう。

スキレットはすり鉢のように表面が凸凹しているため、比較的すりおろしやすいですが、完全にペースト状にするのは大変なので、ある程度ソースが絡む程度にすりおろせたらOKです。

すりおろしたら再度火にかけ、温めましょう。この時、すりおろしたニンニク・アンチョビが牛乳と混ざって白めのペースト状になっておらず、それぞれの食材が分離しているように見えた場合は牛乳不足です。その時は慌てずちょっとずつ追い牛乳しちゃいましょう!

上の様な見た目になればバーニャカウダソースは完成です!
BBQコンロの脇にちょっと置いたりして、保温しながら食材をディップして楽しみましょう♪

このソースさえあれば、野菜なんていくらでも食べれます♪
5歳~9歳のうちの子達もこのソースなら喜んで食べてくれます♪


アンチョビっていう、あまり使う事が無い食材を使用しますが、スーパーの缶詰コーナーに大体売っていますので、是非お試しください。洋風調味料のコーナーに行けばすでにペースト状になったアンチョビも有ったりするので、そちらの方がキャンプで作るには便利ですが、缶の方が安いので今回は缶を使用しています。

それではまた!

コメント