おつまみにもピッタリ サラダチキンの作り方

サラダチキン 料理

どうも!ぼるしちです!

高たんぱく・低カロリーってこともあって、サラダチキンって根強い人気ですよね~♪

そんなありがた~いサラダチキンですが、実はこれ簡単に作れちゃうんです。

キャンプに持って行っておつまみにするも良し!サラダの具材にするもよし!サンドイッチの具材にも良し!

そんなサラダチキンの作り方をご紹介します。

サラダチキンの作り方

まず、このサラダチキンですが、キャンプに持って行く際は家で作って持って行く事をお勧めします。

と、その理由の前にまずは材料と作り方をご紹介します♪

材料

材料はいたってシンプル!下の写真と水だけです!

・鶏むね肉…好きなだけ
・水…700ml
・日本酒…大さじ2
・塩…小さじ2
・バジル…お好みで(私は小さじ1くらい入れてます)
・オレガノ…お好みで(バジルの1/3程度が良いです)

バジル・オレガノはハーブ味のサラダチキンにする為に入れているだけなので、無くても大丈夫ですよ~。

そのままおつまみとして食べる時・サンドイッチに入れる時はハーブ味が美味しいと思っているので、私は加えているだけです。

大量のサラダチキンを作る時は、水700mlじゃあ水没しないと思うので、水没するくらいに煮汁を増やしてください。水の量に合わせて各調味料は等しく増やしてしてくださいね~。

煮汁は結構しょっぱいですが、それでOKです!

余熱で火を入れる必要が有るので、必ず鶏肉が水没するくらいの少し多めの水で煮てくださいね~。

作り方

【工程:①】

鶏肉の皮を剥ぎます。
(私は皮のプルプルした食感があまり好みではないので剥いでいます。好きな方は付けたままでOK!)

【工程:②】

鶏肉がきれいに入る程度の小さめの鍋に、水700ml・日本酒大さじ2・塩小さじ2・バジル・オレガノを合わせます。

そして、水のままの状態で鶏肉と鳥皮を投入します。
皮は一緒に煮ると出汁が出そうなので入れているだけです。

そこから加熱して沸騰させます。

途中、アクが出るようなら、アク取りをしましょう。

アクを取ると、一緒にハーブが取れちゃうと思うので、結構ハーブが無くなっったな~って思ったら、お好みで追加しましょう。

アク取りが有るので、沸騰するまでは蓋はしません。

沸騰したら蓋をして5分間煮ていきます。

【工程:③】

5分後、火を止めて皮を取り出します。後は冷めるまで蓋をしたまま、ほったらかしです。

それでもほら!この通りしっかり火は通っていますよ~。

余熱で火を通すので、寒い時期のキャンプ場で作る場合は加熱時間を5分ではなく8分にする等して、長めに設定してください。

屋内では5分の煮込み時間で火が入らなかったことは無いです。

【工程:④】

キャンプに持って行く場合、煮汁ごと冷凍しましょう!

本当はきちんと煮汁に全身が浸かった状態で冷凍するのが良いです。
これで食材兼保冷材のサラダチキンの完成です!

ソフトクーラー等、保冷力の弱いクーラーに入れておくと、比較的すぐ溶けるのでおススメです♪

キャンプで食べるサラダチキンは、家で作って凍らせて持って行くのがおススメ

その理由がコレ!!

・余熱で火を通すため、キャンプ場では衛生管理が難しい
・鍋で作るから、キャンプ場で作るには大きめのコッヘル(もしくは鍋)が必要
・サラダチキン自体を保冷材に出来る

余熱で火を通していく調理法なので、冷めるまで鍋に入れてほったらかしにする必要が有るんです。

なので、寒い時期なら鍋に入れっぱなしで大丈夫でも、暑い時期とかはちょっと心配ですよね~。

煮て数時間冷ました後、すぐに食べるっていうのであれば、キャンプ場で作っても全く問題ないとは思います。

もしも暑い時期、前日に調理だけしておいて、翌朝食べるとかを考えているのであれば、衛生面から家で調理して冷凍して持って行くことをお勧めします~。

そんなサラダチキンを使ったおすすめ料理がこちらです!キャンプの朝にピッタリですよ♪

キャンプの朝は「野菜たっぷりサラダチキンサンド」で決まり!
忙しいキャンプの朝、少しでも洗い物を減らしたい!でも美味しい物が食べたい!そんなあなたにピッタリの朝食があります。それがサンドイッチ!!その中でも私が大好きな野菜たっぷりサラダチキンサンドの作り方ををご紹介します!


それではまた!

コメント