男の髪はDIYで散髪代0円!バリカンの魅力・私のカット方法をご紹介

こんな感じです カット後 ライフ

バリカン歴4年

安い床屋さんでも1回1000円…月1回の散髪で年間消費額12,000円。

4年で48,000円…息子がいるから×2で…

4年で約9万円を節約しました!!

これが1回3,000円の床屋さんなら…約28万円の節約!!

これがたった5,000円のバリカンで可能です。

(※バリカンの性能で値段は変わります。ある程度良い物をお勧めします。)

男の髪なんてバリカン・坊主・DIYで良いんじゃね??という事で使い始めて早4年。

もう魅力のほぼすべてを語りましたが(笑)、今回はバリカンの良さ・私の使い方をご紹介していきます。

バリカン1つでこうなった

私の頭はハゲ散らかってきているので、息子にモデルをお願いしました…。私と息子、2名をバリカンでカッティングし続けています。

恐ろしいほどの費用対効果 ※髪型にこだわりが無ければね

まず初めに、全て2㎝以内の短髪限定でモヒカン・ソフトモヒカン・2ブロックなら私でも出来ると思いますが、何せ芝刈り機みたいに刈ることが目的のバリカン…長めにカットなんて、私には出来ません…。

私が見たバリカンの中で、長めにカット出来て3㎝のやつが有りましたが、せいぜいそのあたり迄かな~と思います。ちなみに私が愛用しているフィリップスのバリカンは2㎝が最長です。

なので、一般的には結構短いよね程度に仕上がります。

でもね、そこを気にしないとビビる程の費用対効果を発揮するのがこのバリカン♪

1回の散髪代に1,000円払ったとして、月1回・私と子供2名分で…

年間24,000円

それがたった5,000円程度で出来てしまいます。私が使用しているバリカンは現在丸4年経過しました。と、いう事は…91,000円節約できたことになります。

安い床屋さんで計算してもこれだけ浮きます。

91,000円有ればかなり良いスマホだって・良いテントだって買えてしまいます。

もし3,000円の床屋さんだったら…約28万円の節約に…そうなるともう高価な冷蔵庫すら買えてしまう費用が浮くんです。

それだけ稼ぐことは大変ですが、私は出費を減らすことも稼ぐ事と同義と考えていますので、これはある意味でお金を稼ぐ行為と言えます。

ただし、髪型にこだわりが無ければの話ですがね。やはりプロでないと出来ないカットの方が圧倒的に多いですから。

私はどうせハゲてきたし(笑)、短髪坊主気味で良いという判断で、バリカンに切り替えました。

いつでも気軽にカットできるようになった

これ、すごいメリットです。

散髪に費やす時間が、私は嫌でした。

散髪屋に行くのに片道15分・往復で30分、散髪屋での待ち時間15分・カット時間30分、合計1時間15分(大体こんなもんですよね?)、土日の朝に散髪に行くとおおむね午前は終了です…。

散髪に費やす時間が有るなら遊びたい!キャンプ行きたい!どっか行きたい!

ということで、地味に散髪でどこかの週末の午前中が持って行かれるのが嫌でした。

でも、家で自分ですると全ての時間的制約から解放されます。

今では平日の帰社後にカットしています。カット時間も最初は30分ぐらいかけて恐る恐る「こうかな?どっか変?」と確認しながらしていましたが、今ではザクザクとカットし15分程で終了。

圧倒的に時間短縮が可能になり、余り時間はこうやってブログを書いたり・キャンプに行きまくったり、自由に使えるようになりました。

(月に1時間程の事だけどね、それでもやっぱり大きいです♪散髪に行くだけの時間を、自分の好きな時間に変えれるんですから♪)

バリカン1つで超節約・時間の有効活用が出来るようになりました♪

※カットできる長さ・長さの調節の段階は種類によって異なります。

私のカット方法を参考にして、自分に合ったやつを選んでくださいね。基本的には高いやつをお勧めします。カットできる長さの幅・切り漏れの精度・肌触り・動作音・丸洗い等々、使い勝手が良いですから。

私のカット方法をご紹介

とは言っても、どうやってカットすればいいんだ?と思いますよね。

私も初めてのカットの時はかなり怖かったです。でも、失敗したら丸坊主の覚悟で切り始めました。

その際に参考にしたのはYouTubeです。今回私のカット方法もご紹介しますが、それもYouTubeで学んだのが最初です。そこから4年の間に今のやり方になったという程度です。

なので使い方はこちらの記事+動画での確認をお勧めします。

【カット方法】

今回は子供の頭で紹介しています。が、自分の頭でもたいして変わりません。

バリカンは「本体・刃・アタッチメント」に分かれているので、まずは取り付けます。

カットする場所とかで刃・アタッチメントを変えるみたいですけど、私はよく分からないので普通の刃と、3-20㎜用アタッチメントだけしか使いません…。

(※カットできる長さ・長さの調節に関しては、バリカンによって異なります。私が使用しているのは1~20㎜で調整可能・丸洗い可のやつです)

取り付けたら20㎜にセットして全体をカットしていきます。

この伸び切ったボサボサ頭に…

20㎜でジョリっとカッティングです。

20㎜の最初のカットは大事です。ここで全体をキレイに20㎜でカットしておくと、仕上がりで20㎜以上長い毛が存在しなくなります。それだけでだいぶ見た目が良くなります。

つむじ等の生え方が不規則な場所はカット漏れが多いので、色んな方向から刈りまくりましょう。

全体をキレイに20㎜に出来たら、横と後ろをグラデーションにしていきます。

横と後ろのグラデーションの作り方は…

ジワジワと刈り取る長さを短くしつつ、つなぎ目をわからなくする

これに尽きます。

線は適当に引いていますが…こんな風に15㎜に変更したら後頭部・サイドの高い位置までカットします。

で、線の最後の方になってきたら少しすくいあげるように浮かせて20㎜~15㎜までの長さを適当につなぐ感じにしています。

その後も写真のように少し細かめに長さを変更して同じように切っていきます。

横は同様に15㎜・12㎜・10㎜あたりは後ろと同じように借り上げていきますが、8㎜と短くなってくると下の写真のように頭と刃をV型になる様に当てていきます。

これで8㎜なら少し上の方まで、6・4・3㎜となるごとに下の方だけ刈れるように、Vの開きを大きくして…。

ついでに耳の後ろの首筋あたりも同じくVの字に刃を当ててカットして、後頭部につないでいきます。

最後はアタッチメントを外して、黄色のラインを目安に刃を当てていきます。これで襟足が整います。

ついでに耳の裏も長めの毛が残っていると思うので、アタッチメントを外した状態で、刃の角を当てるとキレイになります。

どうしても切りにくい場合は、耳の裏側だけハサミを使ったりもします。

ザクザクっとカットして、完成がこちらです。

息子はもみあげを自然にさせていますが、私はもみあげは3㎜で耳の上部分まで刈り上げていきます。

私が自分の頭をカットする時、頭の中にこの刈り方をイメージします。そして、手触りで長さを確認しつつ、失敗を気にせずザクザクカットしていきます。

でも、襟足だけはどうしても出来ません。この部分だけは妻にお願いしています。


※失敗を恐れていると失敗します。こういうのは踏ん切りが大事です。失敗を恐れていない場合、失敗と気づきません(笑)。全ては“味がある”で流せます(笑)。でも、恐る恐るやっていると、あんまりうまいこと行かないと感じます。やる以上は最悪丸坊主の覚悟で楽しみましょう♪

失敗したら3㎜で丸刈りで良い!こう思うと失敗を気にせずバリカンカットが出来ます♪

私、営業職ですが、別に丸坊主は不快感を与える髪型ではありませんし、それでいいかなと思いバリカンカットを楽しんでいます。

自分の髪型をバリカンでDIYしてみると、財布がとてもほっこりし、時間もほっこりしますよ♪

ちなみに、昔一度安いジェネリック家電のバリカン(2000円~3000円くらいだったような…)を使ったことがあるのですが、アタッチメントが肌に当たるたびに痛いし・工事現場みたいにうるさいし・刈り漏れが発生するしで最悪でした。

有名メーカー品のそこそこ値段のするやつ(5000円以上)は、そう言った所もしっかりと考えられているのかなと感じました。

まぁ、外れを買っただけの可能性もありますが(笑)。電動シェーバーと同じで、やはり性能と値段は比例するのかな~。

それではた!

コメント