超きれいで高規格!流れる時間が心地よい、南の楽園!徳島県南部のまぜのおかオートキャンプ場をご紹介

キャンプ場

徳島県南部に位置する“まぜのおかオートキャンプ場”

私のお気に入りのキャンプ場です。冬、行くところに困ったらとりあえずまぜの丘!っていうくらいに。

理由は快適装備が大体揃っている、かなりの高規格キャンプ場だからです。

遊具も有るのでファミリーキャンパーにも最適!

徳島県と高知県の境に近い場所にあり、南国情緒あふれるこのキャンプ場の魅力をご紹介していきます!

こんな方におススメ
・設備がキレイなキャンプ場を探している方
・冬も快適なキャンプ場を探している方
・海のそばのキャンプ場を探している方
・ファミリーキャンパー
・西日本の方

まぜの丘オートキャンプ場の詳細

キャンプ場 基本情報

基本情報
〇住所 : 徳島県海陽町浅川西福良43
〇サイト数 : オートサイト52区画(内25区画に電源有) ・ フリー45張 ・キャンピングカーサイト2区画
〇チェックイン・アウト : IN 14:00 ・OUT 11:00
〇ゴミ : 分別回収可
〇トイレ : ウォシュレット有
〇風呂 : 無し。シャワールーム有。車で15分ほどの距離に温泉有り
〇その他 : 炊事場はお湯が出ます。ペット可
〇予約 : ネット予約

場所はここ。徳島県と高知県の境あたりです。

結構遠く感じるかもしれませんが、吹田ICからGoogle検索で3時間30分です。

チェックイン14時に着くことを考えると、9時半くらいに出れば途中で昼ご飯を食べても余裕が有るくらいの時間ですね。

関西圏からでは、1泊2日ではちょっとしんどくても2泊3日ならいけそうな距離かなと思います♪

ちなみにぼるしち家は高松から下道でまぜの丘まで行きますが、同じくらいかかります。それでもたびたび行きたくなるだけの魅力が詰まったキャンプ場です。

ちなみに、まぜの丘に行く道中、阿南市という所を境に飲食店が激減します。昼食は阿南市あたりでとると、昼飯難民になりにくいです。

見慣れた飲食店が多くありますよ。マクド・ココイチ・丸亀製麺等々…あとは四国にぼちぼち有るすしチェーン「寿司一貫」もあります。

各サイトはこんな感じ

まぜの丘キャンプ場のマップはこちら…

引用元:まぜの丘ホームぺージ

オートサイト(電源付き)

AとCの赤字の部分が電源付きサイトです。下の写真が海のステージの高台から見たまぜの丘で、写真左側がCの電源付き(右側が広場Aのフリーサイト)です。

電源付きはAもCも同じような広さで、張り方次第では2ルーム+大型タープ(写真はランドロック+スノーピーク シールドレクタL)が張れます。

連泊の際はタープ必須

車を停める場所はきちんと区切られていますので、枠内に駐車をしましょう。

電源は上の写真の白いボックスに有ります。20A・1500W迄です。

キャンプサイトからはあまり見えませんが…高台から海を眺めたら…とても気持ちいい海が見えます♪

連泊最終日は心に沁みる日の出

朝日の写真ですが…きれいな景色です♪

オートサイト 電源無し

電源が無いだけで、広さ等は同じです。

フリーサイト (広場A)

キャンプ場中央付近に広がるフリーサイトです。

写真ではわかりにくいですが、緩い傾斜のある部分が多いです。

駐車場が近く、荷物運びも困らない作りなのと、結構広いのでグルキャンの方が入られているのをよく見かけます。

フリーサイト(広場B)

メイン通りから外れた場所に位置するので、静かな印象が有るフリーサイトです。

広場Bの駐車場は下の赤枠のように、端に固まっていました。

広場Aに比べると平坦な印象を受けました。

高規格で快適に過ごせる

サイトが広く・芝生がきれい・サイト数も多めというだけで高規格ですが、付帯設備もなかなかのものです。

トイレがホントに綺麗

下のトイレはセンターハウス内のトイレ。24時間使えるようになっています。

便座の除菌まで有り、イオンモール並みのきれいさです!サイト側のトイレもウォシュレットになっているので、どこのトイレを使っても快適に過ごせます♪

センターハウスのが一番きれいですが、それ以外のところもウォシュレット付きが有り、どこもきれいです。

さらにキレイキレイ迄完備されていて…キャンプなのに家より衛生的かもしれない…。

お湯が出るだけでは飽き足らず…感動する炊事場

そして炊事場は…

家の台所並みに清掃されている上にお湯まで出ます!

行くといつも、毎日お掃除の方がきれいにしているのを見かけます。これって、当たり前のようで当たり前じゃない、結構うれしいポイントなんですよ。清掃が行き届いていないところは、流しの残飯受けがカビだらけって所もありますからね…。本当にここはキレイです。

残飯を取ろうとゴミ受けを取り出すと…ゲェェ…って所だと、ブルーになりますからね。

スポンジ・洗剤も完備されており、忘れた場合も安心です。(※絶対に持ち帰ってはいけませんよ!)

私はたまにスポンジを炊事場に置き忘れるのですが、まぁまぁの確率でパクられます…。絶対に持って帰らないでくださいね!

マナーあっての備品です。マナーが悪いと撤去されちゃいますから…。

遊具が有る!

すでに至れり尽くせりですが…こんな遊具まで設置されています。

フリーサイトの広場サイトAの海側に配置されているので、親はテントでゆっくりしたまま、子供だけ遊びに行かせる事も出来ますよ♪

ただし、フリーサイト(広場A)の端に位置しているので、フリーサイト利用者に迷惑が掛からない様には、事前に子供に伝えておきましょう。

体育館・温水プールまで有る!

体育館は1時間1030円(全面)で借りることが出来ます。半面・1/6面を借りることも出来るようです。

温水プールは1回510円(小中学生300円)で利用できます。温水なので、冬場も遊べそうですね♪(※価格は20年2月時点のものです)

ココは…レジャーランドかなんかですかね??

きれいで超快適なキャンプ場に飽き足らず、施設内にプールまでって…総合型リゾート施設ですね(笑)。

でも…立地が良い場所なので、車でちょっと移動するだけでも…

車でちょっと移動するだけで…

釣り・海水浴・その他いろんなレジャーが出来ます

快水浴場100選に選ばれた大砂海水浴場が近くに有ります。

google検索で車で5分程らしいです。

出典元:Google MAP

その他、周辺には漁港等が有るので、釣りスポットもあちこちに有ります。

マリンレジャーの宝庫ですね!

その他、色々な情報は海陽町ホームページに記載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

シーカヤックなど、色々あるみたいです。

買い物・温泉に行ける

海陽町の市街地に近い場所にあるキャンプ場(このエリア一帯の防災拠点にもなっています)なので、サンシャイン モアナ店というスーパーが近くに有ります。

さすがに徒歩ではいけませんが…車ならすぐそこです。

その横にはホームセンターコーナンが有りますし、ちょっとは飲食店も有ります。

なので、何かを買い忘れていたとしても、すぐ近くで大体は買い揃えることが出来ます。

さらに車で20分も行かないくらいの距離に温泉が有ります♪肌がぬるぬるになって、一皮むけたようなさっぱり感に包まれました♪

道の駅 宍喰に隣接するホテル リヴィエラししくい内の温泉を利用できます。

宍喰温泉の情報
〇営業時間…6:30~9:00 、 11:00~23:00
〇料金…中学生以上610円 、 4歳~12歳300円

2泊3日のキャンプになったら、1日はお風呂に入りたくなりますからね~。

近くに温泉が有るのは嬉しい限りです。

注意!焚き火台の下の芝生は保護しましょう

キレイな芝生を維持するために、芝生の保護を心がけましょう。

大きすぎず小さすぎずが良いよ 耐火シート

こちらのキャンプ場、背の低い焚き火台の下にブロックなどを置いて保護して下さいと、注意書きが有ります。

各炊事場に保護用ブロックが有るのでそちらを使うか、耐火断熱シート等を活用して芝生の保護をしましょうね。

芝生を守る為に出来る事 焚火台の下に耐火シートという選択
ちょくちょく見かける芝生の焦げ跡。自分が芝を焦がさない為に出来る事を考えたら、耐火シートを使用するという選択に至りました。今、芝生保護の為に焚き火台の下に何かを敷く所が増えています。なぜそうなったのか?今後も快適なキャンプの為に出来る事は…

近畿圏からでも十分に射程圏内のキャンプ場なので、皆さんも是非一度行ってみては?予約はホームページから可能ですよ。

ちなみにここで忘れ物(持って行くのを忘れた)多数のキャンプをした事があります(笑)…。その話はこちらにまとめています。

だいたい“無い”キャンプだった ~忘れ物を楽しもう~
2泊3日で2020年の初キャンプに行ってきたんですが…まぁ忘れ物が多かった。余りにも忘れ物が多くて、だいたい“無い”キャンプになりました。まぁこれでもかと言うくらいに忘れ物をしまして…。こちらの記事を参考に、皆さんも忘れ物を楽しみましょう(笑)!

↓こちらのキャンプ場でのキャンプの様子はこちら↓

徳島県「まぜのおか」で3泊4日の連泊キャンプレポート<前編>
9月の4連休を利用して、3泊4日の連泊キャンプに行ってきました。その様子をレポートします。行先は徳島県南部、海陽町にある「まぜのおかオートキャンプ場」。何をして・何を食べ、どう3泊4日を過ごしたのか?(かなり快適なキャンプでした♪)
徳島県「まぜのおか」で3泊4日の連泊キャンプレポート<後編>
9月の4連休を利用して、3泊4日の連泊キャンプ、その様子の3日目・4日目をレポートします。行先は徳島県南部、海陽町にある「まぜのおかオートキャンプ場」。連泊キャンプの後半はどう過ごしたのか?何を食べたのか?
こたつ×グローストーブ×焼き肉の快適冬キャンプ まぜのおかキャンプレポ
12月12日~13日に行ってきた、徳島南部まぜのおかでのキャンプ。こたつ×グローストーブで快適キャンプを目指して。夜はランドロック内でBBQも楽しみ、冬キャンプを快適に楽しんできました。当日がどんな様子だったのか、レポートします。
寒波到来の中 21年初キャンプ まぜのおか2泊3日キャンプレポ(前編)
寒波到来の1月3連休に21年度の初キャンプ!徳島県まぜのおかで氷点下6℃の極寒キャンプを楽しんできました。どうやって寒波のキャンプを過ごしたのか、何を食べ・何をして過ごしたのか?そんな寒波キャンプの様子をレポートします。寒くても楽しむ!今回はその前編です。

それではまた!

↓その他の徳島県のキャンプ場はこちら↓

四国の活動拠点に・ファミリーに 超おススメのキャンプ場「四国三郎の郷」
今回はぼるしちがホームグラウンドと思っているキャンプ場「四国三郎の郷」をご紹介します!四国一円の観光拠点にもなるし、ファミリーキャンパーにはこれ以上ないってくらいうれしい設備だらけで、ファミリーにお勧めです!
徳島の清流で川遊びができるキャンプ場「ACNコットンフィールド」をご紹介
神山温泉の近くに位置していて、歩いて温泉にも行け、さらに清流で川遊びキャンプが出来る!川側のサイト(R)・山側サイト(M)・温泉側サイト(S)の3つのサイトが有り、私はRとSサイトを利用したことがあるので、その経験を踏まえてコットンフィールドのご紹介をしていきます!
川と木に囲まれた 空気が美味しい徳島県「わじきラインキャンプ村」をご紹介
19年にリニューアルを行った「わじきラインキャンプ村」キャンピングカーの利用も想定しているとの事で各サイトともゆったり。ファミリーにもうれしい広さの高規格キャンプ場です。さらに目の前には心地よい川が流れており…そんなわじきラインキャンプ村の各サイト・共同設備等をご紹介します。

四国へキャンプに来たら、渦潮観光もおすすめですよ。

四国にキャンプなら…自然が作る大迫力 鳴門の渦潮を是非見て!なると公園をご紹介
四国の自然の見どころの一つ「鳴門の渦潮」。それを堪能できるのが鳴門公園です。大鳴門橋を歩いて見れる渦の道・渦潮を勉強できるエディを中心に物産展などが並び、しっかりと観光・遊びが出来ます。さらには渦潮を間近に見れる観光船まで!四国に来たならぜひ寄ってみては?

コメント