寝袋(シュラフ)の限界温度と快適温度の違い&実際の快適温度

快適温度・限界温度 キャンプ道具

どうも!ぼるしちです!

寝袋(シュラフ)って、選ぶのってホント難しいですよね~。何を買ったらいいんだよ~??高い買い物だし…間違いたくないんだ!って思いますよね。

寝袋の形一つとっても「マミー型」・「封筒型」・「人型」とか…。素材1つとっても「化繊」に「ダウン」…。

そして、今回のお題の温度域!!

限界温度(下限使用温度とかの表記も有りますが、一緒です)と快適温度の意味の違いを軽く紹介しつつ、私の使用しているシュラフの快適温度を私の体感で紹介します。

限界温度と快適温度の違い

シュラフ選びの際に外箱とかに書いてあるんですけど、これってどういう意味??って思いますよね。

それぞれの意味ですが…ざっくりと言うと

限界温度っていうのは
「しっかりと着込んだら、なんとかこの温度までは気合で寝れますよ」っていう温度です。

快適温度っていうのは
「この温度までであれば、まぁ快適に眠れますよ」っていう温度です。

正直、メーカーによってもその辺の温度のさじ加減は様々らしいですけど、ザックリ言うとこういう事になります。

実際、家で寝るみたいにパジャマのみで快適に眠れる温度ってどれくらいなんだ?

私の使用しているシュラフは全部でこの4種類です。

①コールマンの子供用シュラフ 快適温度7度・限界温度4度
子供用の小型の封筒型シュラフです。

②ISKA アルファライト 700X 限界温度ー6度
マミー型のシュラフです。

③コールマン 大昔のシュラフ 限界温度 おそらく0度
大人用の封筒型のシュラフです。(下のはサイズが似ているだけです…参考の画像程度に乗せています。ちなみにこれは快適温度2℃らしいです。)

④コールマン フリーススリーピングバッグ 快適温度15度・限界温度10℃
インナーシュラフにも使える、夏はこれ1個、冬は重ね着スタイルで使える万能選手です。

そのうち①の子供用は私が使用したことが無いので、感想から除外しますが、子供が使用している感じでは、12℃の日は寒いって言ってました。15℃くらいが快適な温度だと思います。

では、大人の中年男性ぼるしちが実際に使用しているシュラフでのパジャマオンリーの快適温度を見ていきますね~。

上のシュラフでのパジャマのみの着用で快適に眠れる温度は、こんな感じです。

②ISKA アルファライト700X(限界温度ー6度) … 実際は5℃くらい

③コールマン 昔のシュラフ(限界温度 多分0度) … 実際は15℃くらい

④コールマン フリース スリーピングバッグ(限界温度 10℃) … 実際は22℃くらい


結構差があるでしょ?

寒さという点では、封筒型の方が快適に眠れる温度域が高めになっています。

というのも、封筒型は気温が下がれば下がるほど肩から上がめちゃくちゃ寒いんですよ…。③のシュラフも胴体は10℃くらいでもイケるんですけど、肩が寒い!!

その為パジャマ1枚だけでの快適温度は高めになっています。

ISKA アルファライトはマミー型なので肩も暖かいから5℃くらいまでは快適です。そこから温度が下がると、全体的に…というか足先から寒さを感じ始めるので、足元にカイロとかがあればチョー快適になります。

マミーでも顔は寒いですよ(笑)。

まぁ、普通キャンプで寒くなる時期にパジャマのみで寝る人ってあんまりいないと思いますけど(笑)。

私は着込んで寝るのが苦手でパジャマのみで寝ることが多いので、その時の寝心地からこんなもんかな?って思いました。

フリースの寝袋なんて、夏場でも涼し目の夜なら普通に寒く感じますよ(笑)。

実際に、パジャマ+軽く何かを着て、靴下をはいて普通に眠れる温度ってなったら限界温度から+5℃くらいを見ておいた方が良いと思います。

おうちの中のようにパジャマのみで快適に寝たいんだ!っていう場合には+10℃は見た方が良いと思います。

春・夏・秋の低地でのキャンプであれば、寒さで震えて眠れないことはあんまりないと思いますけど、春・秋の高地・冬は寒さで震えて眠れない!!って事も有りますからね~。

そうなると、シュラフが対応していない温度域なら命の危険すらありますよ。
温度域や形などを総合的に判断して、自分に合ったシュラフ選びの参考にしてくださいね。

ただね、だったら一番暖かいシュラフを選んだらいいじゃないか!っていうものでも無いんです。限界温度がー6℃のISKAでは、春・秋キャンプでは逆に暑いって時も有りますからね~。

最近気温が高い日が多いから…。

封筒型とか、マミー型といった形で悩まれている方はこちらをどうぞ!

寝袋「封筒型」・「マミー型」 それぞれの特徴とおススメの使い方
寝袋の形…。寝袋をいざ購入しようと思ったとき、長方形の筒状になっている封筒型と、ミイラの棺桶みたいなイモ虫のマミー型で悩みませんでしたか?封筒型・マミー型の両方を使い分けているぼるしちがそれぞれの特徴・おススメの使い方をご紹介します。

それではまた!

コメント