琵琶湖でキャンプが出来る「マキノサニービーチ知内浜オートキャンプ場」をご紹介

朝の琵琶湖が格別 キャンプ場

令和がスタートしたばかりの19年5月3日から、2泊3日でマキノサニービーチ知内浜オートキャンプ場に行ってきました。

琵琶湖の北西側・高島市にあるキャンプ場なんですが、この湖北エリアは自然豊かでとても気持ちいいんです♪

今回はそんな湖北エリアに位置するこのキャンプ場を、キャンプの模様と一緒に紹介いたします。

やっぱり琵琶湖は良いね!「マキノサニービーチ知内浜オートキャンプ場」ってこんな所!

基本情報

キャンプ場の基本情報
〇住所 : 滋賀県高島市マキノ町知内2010-1
〇サイト数 : オートサイト200区画・フリーも有り
〇チェックイン・アウト : IN 13:00 ・OUT 12:00
〇ゴミ:分別回収可
〇トイレ:洋式。清掃は行き届いていますが、トイレ入り口に網戸とかは無いので虫に出くわすこともあります
〇炊事場:共同の流し。お湯は出ません。
〇ペット:可
〇その他:レンタルサイクル無料!温水シャワー・ランドリー有り

まずは恒例のトイレチェック!トイレはきれいでした♪とりあえず一安心(笑)!

やっぱりトイレの清掃に関しては、有料のキャンプ場の良い所ですね。

各サイトに流しは無いので、共同の流しを使用します。

ゴミは分別して捨てることが出来ます。

2泊3日以上でのキャンプだと、捨てれるのはありがたいです♪

ペットと一緒にキャンプが出来るこのキャンプ場では、ペット用のシャワーまでありました!

デリケートなペット用?に温水シャワーまで(笑)!

オートサイトで200もあるこのキャンプ場には、北浜サイト・南浜サイトとちょっと雰囲気の異なる2つのサイトがあります。

今回は湖畔沿いの北浜サイトに宿泊しました。南浜サイトは林間サイトに近い雰囲気でした。

どちらかというとそういう雰囲気というだけで、実際は場所によりけりですけどね。

とりあえず設営完了!ここに気を付けよう、知内浜

今回は北浜サイトという琵琶湖畔に面したサイトに宿泊。

とりあえず設営はこんな感じです!

今回は親と姉夫婦とのグルキャンだったので、2サイト連結です。

1サイトだけの大きさだと、ランドロックがギリギリという感じです。

結構木が見えると思うんですけど、サイトによっては微妙な場所に生えていること盛るので、大型テントは注意が必要です。

ぼるしち家はランドロックとタープを設営しようとすると車が置けなくなってしまったので、別途駐車場を借りました(1泊1,500円で…結構な出費…)。

あと、北浜サイトは多くが浜に面しているため、すごく地面が緩いところがあります。

タープなど風の影響を受けやすい物をペグダウンするときはかなり注意が必要です。

今回は浜側のロープはソリッドステーク30を1か所4本使用して何とか固定しました…。浜から一歩中に入ると、クソ固い場所もあるんですけどね(笑)。

砂地用ペグがあれば楽なんですけどね~、そんなもんあってもほとんど使うこと無いですし…。とりあえず今回は数で留めました。

2泊3日だとこれが欲しいね~!

やっぱりお風呂!

1泊2日だとお風呂に入らないことも多く、シャワーすら浴びないことも多い(汗ばむ季節はさすがにシャワーは浴びますケド)ぼるしち家ですが、2泊3日となるとさすがに風呂が恋しくなります…。

このキャンプ場を利用すると割引券がもらえる「さらさの湯」が近くておススメです!

この途中にメタセコイア並木って書いてあるでしょ?

ココはホント、絶対通った方が良いですよ!めっちゃキレイですから!

このメタセコイア並木を抜けて少し走った先にさらさの湯が有ります。

10時オープンで、それに合わせて行ったんですけど結構並んでる…。GWで近隣のキャンプ場はどこもにぎわっていたでしょうし、それらの人が風呂を求めてきたからそりゃそうか~…。

オープン前にはこの坂道にずら~っと行列が(笑)!

ここではお昼ご飯も食べることが出来るので、ランチがてらにお風呂も良いですね~♪

あれが食べたい・これが食べたい!「キャンプで食べたものの紹介」と「買い出しが出来る場所」!

まず当日の晩御飯は串カツ!

当日の食事という事もあり、これらの用意はすべて家から持って行きました~!

からっと揚がった串カツ
グループキャンプに串カツパーティーはいかが?
人が多い「グループキャンプ」ではBBQが候補に挙がりがちですね。でも、たまには違うのが良い…。そんな時は、ちょっと趣向をかえて“串カツパーティーなんていかが?“美味しくて・楽しくて・安い”3拍子揃ったパーティーメニューの作り方をご紹介します!

2泊3日だと、2日目は遊びたい放題!

でも結局、朝ごはんはホットサンドです。

ホットサンドはとくに時間のかかる食べ物ではないんですけど、「キャンプの朝食感がある!」のでやっぱり食べたくなっちゃうんですよね~!

2泊3日の2日目は時間にかなり余裕があるので、朝から和定食や、パンを焼いても良いと思いますよ~♪

ホットサンド ほうれん草・卵・コンビーフ 完成
簡単・美味しいキャンプの朝食 私が好きなホットサンド3種のレシピ
忙しいキャンプの朝。パンに食材を挟んで焼くだけなのでホットサンドを良く作ります。今回は私が良く作るホットサンド3種類(ハムトマト系・ツナ系・コンビーフ系)をご紹介します。簡単美味しいホットサンドレシピなので、是非試してみてください。

ゆっくりできるという事で朝食後から生地を捏ねて昼ごはんはピザにすることに。

せっかくのキャンプなので、炭火で窯焼きを…と思い、ONOEのコンパクトピザオーブンです。

手持ちのBBQグリルがピザ窯に変身!ONOE コンパクトピザオーブンはかなり使える!
ピザ窯で焼いたお店のピザは美味しい…家庭でもピザをよく作りますが、やはりお店には及びません。しかし、炭を使うキャンプなら再現できるんじゃないか?そこでONOE コンパクトピザオーブンを使用してみた所、かなり美味しいピザが焼けました!しかし注意点も…そんなピザオーブンを今回はご紹介します。
キャンプで手作りピザ!キャンプ用ピザ窯で焼く美味しいピザの作り方
手作りピザはしっとりとして、本当に美味しい。でも…キャンプで作るには難しそうなイメージが有りませんか?たしかに難易度少し高くなりますが、それに見合った楽しさ・喜び・美味しさが味わえます。キャンプ用ピザ窯を使用した手作りピザは、作る・食べるが1つのエンターテイメントです。

ピザ生地発酵中にお風呂と買い出しに行きました。なので今回は1次発酵のみで2次発酵していません。

成型後の2次発酵をしないと、生地をきれいに伸ばすのが難しい…。一応ピザ生地にはなったけど、やっぱり2次発酵は必要か~…。

ここまでは家から持って行った食材で調理をしたんですけど、せっかく遠くまで足を運ぶんですから、せっかくなら地元のスーパーとかで、その時の気分で食べたいものを買うのも良いですよね♪

キャンプ場ってめちゃくちゃ山奥とか、すごい場所にある場合は食材を買いに行くのも一苦労ですけど、ココは民家も近くにある(北浜サイトからは民家は見えませんでしたよ)ので、スーパーの平和堂が車で10分程度のところにあるんです。

「あ~、ちょっとおつまみを追加したいな~」
「食べすぎたから晩は軽いものに変えようか~…?」
「ちょっと花火を買いに行こう!」

なんて思ったとき、近くにあるのは便利です♪

ぼるしち家もパエリアの具材を買いに行ったはずが、結局はおなかが苦しくて簡単な鍋に変更となりました(笑)!

3日目の朝ごはんも、「作るのがめんどくさい…」という事で、カップラーメンです(笑)。

でも、琵琶湖×朝の陽ざし×カップラーメンはたまらん~!最高だ!

ほんと気持ちいい朝日でした!

まずは日差しを浴びながらモーニングコーヒーを一杯…そしてしばらくしてから「UFO」に湯を注ぎ…UFOを作りました。

干しシュラフとUFO!

まじで美味かった!この景色は最高のスパイスです♪

人数が多いとカップラーメンもこんな量に!

これだけのカップラーメンだと、湯を沸かすのも一苦労(笑)。

でも、料理の方がもっと大変なので、カップラーメンはありがたい!世紀の大発明です♪

自転車が無料で借りれます!

せっかくマキノサニービーチ知内浜オートキャンプ場に来たらこれはお勧めです!

無料のレンタルサイクル

南浜サイトの管理棟の近くに、レンタルサイクルの場所があります。

そこで借りれる自転車が無料なんです!琵琶湖沿いを走ると、とっても気持ちいいですよ!

子供向けの自転車や…

大人用の自転車まで各種揃っているので、2泊3日の中日のアクティビティーとして、かなりおススメですよ~!

ここなら気持ちいい琵琶湖をずい~っと遊びつくせますね~!

このキャンプ場は、有ったら嬉しいものが近くに揃っているので湖北エリアを楽しみたい方にはほんとおススメですよ~!

それではまた!

コメント