日本一の清流 仁淀川を望む「おち仁淀川キャンプフィールド」でキャンプ!

キャンプ場

2018年4月にオープンした「おち仁淀川スノーピークキャンプフィールド」に10月と3月に行ってきました!仁淀川は水質日本一!仁淀ブルー!等で注目を集めている川ですが、その川沿いにオープンした仁淀川を堪能できるキャンプ場です!

今回はそこに行ってきたので、そこの魅力と注意点をご紹介します!
※結構マジな注意点があります(笑)!

日本一の清流 仁淀川を望むキャンプ場

雨でも美しい仁淀川

上でも書いた通り、仁淀川は水質日本一に何度も輝いている清流です。一躍有名になった理由は、NHKスペシャルで「仁淀川 青の神秘」という番組の影響みたいですね~。

そんな仁淀川のすぐそばにオープンしたキャンプ場なので、ホントにきれいな仁淀川をずーっと眺めながら過ごすことが出来ます。

10月に訪れた際は晴天でキラキラ輝く仁淀川を、3月に訪れた際は雨でもその美しさはみじんも損なわれない奥深さを味わいました。海や川など、水に関するレジャーの際、雨だと

ぼるしち
ぼるしち

うわ…マジか…雨って最悪やん

ボルハチ
ボルハチ

そらあんた、日ごろの行い悪いからやで~

なんて、思って落ち込んで、「うわ~、テンション下がる~、行くのやだな~雨だし」なんて気分になるんじゃないですか?

わたしはキャンプ馬鹿なんで雨でも普通に楽しんでいくんですけど、3月の雨予報でのキャンプに関しては、正直川のきれいさに関してはあきらめて行ったんです。でも、仁淀川はね…

雨の仁淀川
キャンプ当日は朝から雨でした…が、本当にきれいな仁淀川です

ね?雨の仁淀川もなかなかのもんでしょ!?ただ、前日・前々日からしっかりたっぷり雨が降った時などは、茶色い川になりますけどね。

さすがにその時はきれいな仁淀川はあきらめる必要があると思いますけど、キャンプ当日からシトシトと降る程度の雨なら、きれいな仁淀川を眺めながらのキャンプは十分期待できますよ!

キャンプ場詳細

【基本情報】
住所: 〒781-1326 高知県高岡郡越知町片岡4番地
サイト数:サイト22 ・ フリーサイト8
チェックイン:13時 アウト:11時 (※時間厳守のようです、特にイン)
ゴミ:捨てれますよ~!安心してください!
サイト:芝
【その他設備】
シャワー:有り ※しかも無料!!めっちゃきれいなシャワーが使い放題!
洗濯機:有り ※確か無料のハズ…
トイレ:ウォシュレット完備の超きれいなトイレです!
洗い場:全蛇口でお湯の利用可能!! 脂っこい食事の後は最高です!!
ペット:可

※ペット可のありがたいキャンプ場なんですけど、10月に行った際には、キャンプ場内で散歩されていた方が、うちのサイト内でおしっこしていきました…さすがにあかんでしょ…それは…。ペット同伴の際はおしっこには気を付けましょう。サイト内であってもその翌日から誰かが使うと思って、きちんとペットを見守ってあげてくださいね~。

サイトの状態なんですけど、10月は芝だったのですが、3月に行った際はDサイトは一部が土と化してました(笑)!基本芝の認識で大丈夫ですけど、人気のサイト・時期によっては芝がはげてるときもあるかもって思っといた方が良いかもしれません。


各サイトはスノーピークの大型キャンプ道具をガンガンに展開できるように、かなり広めの作りとなっていますよ!うれしいですね~!

日当たりはサイトによって結構な差が出てきます。両側が山なので、朝日が差す時間にまぁまぁの差が出てきます。Bサイトは比較的早めに日が差すんですが、Dサイトは遅めです。

ただ、川が見えるのはDサイトと、フリーの川側だけなので、どっちをとるかですね~。私は川側をお勧めします!BとDに泊まったことがあるんですが、やっぱりDが気持ちいいですね~。

キャンプ場へのアクセス

ぼるしち
ぼるしち

「吹田IC」から「いの」で高速を降りるルートで4時間30分

ボルハチ
ボルハチ

そのルート、あかんで~
そのまま行くと、鬼ほっそい道とおるで~

ぼるしち
ぼるしち

あぁ!そうやった!194号線➡18号線はあかんねん!

33号線経由の大回りなルートで行ってや~!
ナビよりプラス15~20分や~。

そう、ナビ通りの道では194号線➡18号線なんですが、この道めっちゃ細いんです。軽自動車でも対向不可な道です。私は通りたくありませ~ン!

18号線自体は東側から来る道だけめっちゃ狭いんです。西側からならきちんと対向車線になっていました。この東側からのめっちゃほそい18号線ですが、細い道自体は多分合計でも3~4kmくらいだと思います。

それでも通らない方がいいですよ~!せっかくのレジャーで、トラブルがあったら気分最悪になりますからね~。

あと、この18号線、細い道の途中に小さな集落がるんです。その為、生活道路になっているんです。だから、地元の人にも迷惑がかかるので、遠回りでも安全快適な道をお勧めします。

キャンプ場までの道案内

ちなみにぼるしち家は香川からずーっと下道で行きます。金毘羅さんの近くから徳島の三好市経由で、大歩危を通り大豊ICを横切って早明浦ダムの近くを経由していきます。この道だと、高松から途中早明浦の道の駅でお昼ご飯を食べて大体4時間30分で着きます!

注意点

猫が出た!就寝中にパンが食べられた~!

このキャンプ場、ほかの方の書き込みでもあったんですが、猫が出るんです!

10月に行った際はこの目で1匹見ました。3月に行った際は、「お隣のダンディーなおじ様が猫が出るんですよ~。」「ちゃんと見ていないと、お肉食べられちゃう~」ってお話をされていました。

この時うちはカレーだったので、寄ってこなかったんですけど…パンがやられてましたよ…。
夜寝る前くらいから体調が悪くなってきて…わたし花粉症なんで花粉吸いすぎで体調不良になったのかと(笑)思いつつ何とか寝ようと苦しんでいた矢先ですよ~!


ちなみにその時のカレーがこちらです!これで体調不良になったのではないとは思います!他4名は元気だったので。きっと花粉です(笑)!

キャンプで本格的バターチキンカレー&ナンの作り方(レシピ)
キャンプ料理の定番キャンプで作る定番カレーはルーのカレーですよね。でも実はインド料理屋で食べるような本格的なバターチキンカレーはキャンプで作れるんです♪そしてそれに合うナンも♪今回は本格的なバターチキンカレー&ナンのキャンプでの作り方をご紹介します。

「ゴソゴソ…ゴソゴソ」

ぼるしち
ぼるしち

なんや~!苦しんでるのに変な物音しよる~!

ライトをぽちっ!

しーん…

ぼるしち
ぼるしち

なんや、気のせいかいな~
何とか寝よう…
アウっ…おなかがっ…
ううぅ~…

こうして苦しみつつも、猫が出ているって聞いていたので、寝る前にすべての食材をテント内に収納して、匂いが漏れそうなものはクーラーボックスに入れていたんです。パンは袋に入っているから大丈夫だと思っていたら、そのパンが寝ている間に…チーン…。

猫にパンを食べられた
寝ている間に食べられました…
ぼるしち
ぼるしち

おうぅおうぅおうぅ(´;ω;`)
この世界には髪も仏もいないのか~…
髪の毛は少なくなってくるし~…

朝飯食われとるし~!!

そう、朝ごはんの「パン」が残念な結果になりました(笑)。予備の食糧「お米」が少しだけあったので、子供と奥様だけご飯を食べて事なきを得たんですけど…。私は引き続き体調がすぐれませんでしたので(笑)!

このあたりの猫は「おぅ!キャンパー来たで!なんか食い物あるはずや~!」と理解しちゃっているみたい。

なのでしっかりと守ってくださいね!ランドロックのようなシェルター型では猫は入ってきます!!

雨だとえらいことに!窪んだ場所に気を付けて!

3月の雨キャンプではテント内に浸水してきました。テントを張る際に浸水することは予想出来ていたんです(笑)。

というのも、私がはったD-1は、ちょうど張りたい場所が窪んでいたんですよ~。みんなおんなじ場所にテントを張るからでしょうね。そこだけへこんだんでしょう(笑)。

しっかり雨が降るときはくぼんでいる場所をしっかり見極めて張りましょう!

あと、水はけは悪いので、水たまりは覚悟してください!雨予報の時は窪んでいる場所には注意です!!

仁淀ブルーはちょっと遠いよ

仁淀川に行ったら仁淀ブルーを是非見てみたい!!

私もね~、そう思ったんですよ~。で、調べてみたらいくつか名前が出てきたんですけど、「安居渓谷」が近そうなので、そこを目指してみました。

ぼるしち
ぼるしち

近いって言っても30~40分はかかるよ~

ボルハチ
ボルハチ

362号線からは鬼のように道が細いから!

ぼるしち
ぼるしち

あの道はもう走りたくないわ…(笑)

どないせいっちゅうくらい、本当に道が狭いです!私はもう走りたくないです(笑)!でも、本当にきれいな青があちこちで見れますよ!感動ですけど、あの道はもう嫌ですわ~…。

ぶっちゃけ、大豊ICから下道で走っている道中でも結構きれいな青を見れます!そこで若干満足しちゃいました(笑)。

19年4月には高知の最南端あたりの位置する土佐清水市に、新たなスノーピークのキャンプ場がオープンしました。そちらの記事はこちらになります。

芝生の広場が気持ちいい!スノーピーク土佐清水キャンプフィールドに行ってきたのでご紹介!
2019年にオープンしたスノーピーク土佐清水キャンプフィールド。元々あった爪白キャンプ場をリニューアルしたこのキャンプ場に10月18日~19日にキャンプに行ってきたので、このキャンプ場がどんな所かを当日の様子を交えてご紹介します。

それではまた!

コメント