安全な運搬のために!レザークラフトでキャンプ用包丁カバーの作り方

包丁ケース キャンプ道具

どうも!ぼるしちです!

レザークラフトでキャンプ用に使用している包丁のカバーを作ってみました。

今回は、レザークラフトで包丁のカバーを作る方法を紹介をします!

やっぱり大事だよね 包丁を包む何か

キャンプでも料理は普通にあるものですよね~。

料理には食材を切るものが必要になって来ますよね~。

切る物って言ったら、普通は包丁ですよね~。

料理で使いやすいのはどっち? 包丁 VS オピネル 
キャンプで調理に使う際、かっこいいナイフはどれだ?と探した時に、オピネルに出会った方も多ですよね。でも…折り畳み式(フォールディング)ナイフって、実際使えるの?そんな疑問に、調理時には包丁・オピネルどちらが使いやすいのか、比較してみました。

でも…包丁って普通ケースなんか付いてませんよね~…。

包丁は「家で使って・流しの下の扉とかに収納して・持ち運ばないのが前提で販売されているから、持ち運び用のケースなんか無いのが普通なんですよね。

でもね、キャンプで使おうと思ったら、どうにかして持って行かないといけないんです。

そう…安全に・快適に料理をする為に、危険な・むき出しの刃物を何とか安全に持ち運ぶ必要が有る!!

大人だけなら、むき出しの包丁でもそこまで危険では無いかもしれませんけど、ファミリーキャンパーには小さな子供と一緒のキャンプなんて言うシチュエーションが多いかと思います。

そうなると、「うっかりキャンプ道具の中をゴソゴソ物色している子供が・うっかり刃物を触ってしまう」っていう状況だって起こりえるわけです。

そうなると、安全第一っていう観点から、アウトドアメーカーから発売されている、ケース付きの包丁を購入するか…

お気に入りの包丁に、自分でケースを作ってはめて持って行くしかないって事になるんですよね~。

そこで私は、革で手持ちの包丁にジャストフィットするカバーを作ることにしてみました~。

包丁ケース

今回作り方をご紹介するのは、キレイに刃の部分だけをカバーできる鞘(さや)型カバーです。

レザークラフトで包丁のカバーの作り方

まず、基本的なレザークラフトの縫い方に関してはこちらをご確認くださいね~。

レザークラフトの作り方!キャンプギアのドレスアップにおススメ!
レザークラフト、始めました!と、言うのも…私、CB缶カバーが欲しかったんです。今回はレザークラフトに必要だと実感した道具と、基本的な縫い方をご紹介します。ド素人がド素人なりに、これが縫いやすい道具・コツだと思った事を紹介していきます。

ド素人がド素人なりに、キレイに縫うための努力を重ねたノウハウ記事です(笑)。

型紙づくり~革の張り合わせ

ここが一番大事です!

まず、普通に厚紙に包丁の刃の部分をあて、外周をペンでなぞります。

これで、包丁のサイズが分かります。

鞘に必要なのは、その包丁のサイズより均等にいくらか大きくした型紙になります。

今回は、外周を全て6㎜ずつ大きく大きくしました。

外周を6㎜ずつ大きくした型紙を切り出し、銀ペンで革に書き込んでいきます。

裏と表、2パターンを革に転写します。

曲線部分も丁寧にカッターナイフで切り出した2枚の革のうち、どちらか1枚に
包丁の入り口だけ残してボンドを外周に1㎜程度の幅で塗っていきます。

そして、縫う前にボンドで張り合わせてしまいます。

しっかりと付くまで、1時間程度待ちましょう~♪

菱目打ちのガイドライン引き~縫い合わせ

がっつり触ってももうずれないぞ!って言うくらいにボンドが固まったら次の工程に移ります。

菱目打ち用のガイドライン引きです。

曲線部分にも等間隔でガイドラインを引きたいので、コンパスを使用します。

※これは文房具のコンパスですが、革用コンパスの方が使いやすいです。文具用コンパスでも代用できなくはないですが、希望の幅に固定するのがちょっと大変です…。

私は文具用コンパスの間に不要な革の端を挟み、ゴムで固定して使いました。

革の端から4㎜の所でガイドラインを引いていきました。

菱目打ちのガイドラインを引く

引き終わったら次は菱目打ちです。

菱目打ちは包丁の入り口側から等間隔になるよう、打ち込んでいきます。

初めは端を1つ落とした所から打ち始めると、キレイに仕上がりますよ♪

直線部分は4本菱目打ちで、曲線部分は2本菱目打ちもしくは1本菱目打ちで空けていきましょう。

入り口部分は包丁の刃が当たる部分でもあるので、穴3つ前くらいから縫い始めて、返し縫をして強度をアップさせます。

糸がすり減りやすい端は返し縫

今回は裏・表なく両面をきれいに見せる必要が有るので、結んで止めるのではなく、糸にボンドを塗って、縫い目の内部で止めていくようにします。

縫い終わりは輪っかを2つ作ってボンドで留める②

ボンドを付けた糸を引っ張って、縫い目内部にボンドを行きわたらせ、縫い終わり部分の縫い目にもボンドを塗って止めたら、余分な紐は根元からちょん切りましょう!

縫い終わりは輪っかを2つ作ってボンドで留める④

あとは、コバと呼ばれる側面部分を紙やすりなどで整えた後、コバコート等で磨き上げたら完成です!

私は、この鞘型カバーに納めた後、お気に入りのオレゴニアンキャンパー ペグケースに入れて、刃物類一式を持ち運んでいます。

キャンプ持って行く刃物入れにオレゴニアンキャンパー ペグキャリーがちょうど良い!!
キャンプで料理って、避けて通れないですよね。で、その料理に必要なのが「包丁・ナイフ」といった刃物ですよね~。でも刃物の運搬って、危なくないですか?そのまま持って行くわけにはいかないし…どうしよう?って思ったとき、私はペグケースに行きつきました!そんな刃物入れにちょうど良いペグケースを紹介します!

安全にキャンプを楽しむためにも、刃先は何かしらで隠すことをお勧めしますよ~。

その他、レザークラフトでCB缶ケース・アイスピックケースを作っていますので、良かったら是非ご覧ください♪

レザークラフトでアイスピックのケースの作り方
塊氷Loverのぼるしちが、氷を砕く際に使用するアイスピックのケースを自作してみました。ほぼ凶器な見た目のアイスピックを安全に持ち運ぶため、レザークラフトでガッチリとしたやつを♪なので、今回はその作り方をご紹介します!
レザークラフトでCB缶(カセットガス缶)カバーを作ろう!
キャンプで使うCB缶(いわゆるカセットコンロ用のガス缶)のカバーを、レザークラフトで作ってみました!使い捨てのガス缶…されどガス缶…これをオシャレに飾るための革のカバーの作り方をご紹介します!

それではまた!

コメント