香川県の無料キャンプ場「田ノ浦野営場」がどんな所か見てきた!

田ノ浦野営場の海 キャンプ場

香川県にある無料のキャンプ場である「田の浦野営場」に、デイキャンプに行ってきました。

目的はぼるしち家がキャンプ出来るかどうかを下見するためです。

我が家はキャンプが出来るのか?衛生面がどれほどの物だったのか?ご覧ください。

ちなみにその時のデイキャンプの様子がこちら。

田ノ浦野営場のデイキャンプの様子

ちなみにデイキャンプにタープは必須です。冬でも日差しがあると日焼けします(笑)

レクタタープの設営方法 ~基本編~ | ぼるしちのキャンプ&ライフ
日差しの強い日・雨の日。キャンプに行くと色んな天候に出会います。そんな時にあると心強い味方が「タープ」です。ヘキサタープ・オクタタープ等色々な形がある中で、「レクタタープ」の張り方をご紹介します。そして我が家がレクタにした理由もお伝えします。

田の浦野営場の基本情報

基本情報
〇住所 : 〒769-2901 香川県東かがわ市引田3017-2

〇サイト : フリー

〇チェックイン・アウト : フリー

〇ゴミ : 持ち帰り

〇トイレ : 和式の簡易トイレ

〇風呂 : 無。近隣に温泉施設あり(※後述します)

〇炊事場 : 出来そうな流し(下に写真あり)有りですが、基本は家かな

〇その他 : 車乗り入れ不可

〇予約 : 不要

香川県のかなり東、徳島県に近いところに位置しています。

高松市内までは下道だと1時間ちょっと、高速道路だと30分程度といったところですね。

徳島県にも近いので、香川・徳島に足を運びやすい場所に位置しています。

吹田ICからでも2時間半ほどなので、関西方面からのアクセスも悪くない場所です。

田の浦野営場の内部を紹介

駐車場を紹介


キャンプ場手前に柵が有り、柵の外に自由に止める形になります。

田ノ浦野営場の駐車場

サイトへ車の乗り入れができなので結構な距離、荷物を運ぶ必要があります。

駐車場から近いところでは10メートルないくらいでもテントを張れますが、離れると40メートルくらいはあります。荷物があまり多くなくてもキャリアーがないと大変です。

デイキャンプの荷物でも何往復かして疲れたので、キャンプだとキャリアーは必須と感じました。


ちなみに、駐車場自体はけっこう広いです。

ただ、冬でも結構人が多かったので、車は乱雑に止めるのではなく奥から詰めていくなど配慮は必要です。

2月でも6張り程のテントがあったくらいなので、結構人気のようです。

無料のチカラですね(笑)。手前には有料で電源付きのフリーサイトも有る大池オートキャンプ場があるんですけど。

サイトには乗り入れ禁止のバーが立っているので、ここが駐車場だとすぐわかるようになっていますよ。

サイトを紹介

下の写真の広場全てがフリーサイトです。

田ノ浦野営場のサイト

駐車場側もサークル部分から奥はサイトです。

アングル違いでもう一枚…

とにかく開放的で気持ちのいい芝生のフリーサイトです♪

キャパ自体はかなりあります。この写真は冬季なので、キャンパーもさほど多くなくとても気持ちよかったです。

キャンプ場からは階段を超えないと海が見え無いようになっていますが、すぐ横が海岸です。

田ノ浦野営場の海

無料で・芝生で・海岸で・釣りキャンプに最高です♪

皆様…末永くこのキャンプ場が解放されるよう、キレイに使いましょうね。

トイレ・炊事場は?

ここ、男性陣はたいして問題にしないと思いますけど、女性陣は大事な部分ですよね。

トイレは簡易的な形のトイレが入り口に設置されています。最初に行った時は2個でしたが、次に行った時は4個になっていました。

無料なんですけど、なんとトイレットペーパーが付いています!!

商工観光課の皆様、本当にありがとうございます!

オートキャンプ場のように管理人がいるわけでは無いので、こまめに洗う事は出来ないでしょうから、出来るだけ汚さない様にきれいに使う事を心がけないといけませんね。

でも、写真の通り決して不潔な感じを受けないトイレです。

ただ、どうしてもある程度のアンモニア臭とかはしますケドね。無料でトイレットペーパーを提供してくれている時点で、感謝しか無いです。

水道もこのような形で着いており、いくらか洗い物は出来る感じです。

ただ、キャンプ場自体がかなり広いのに対して、入り口付近にこの2つとなっているので、どうしても洗い物をしないといけないもの以外は家庭に持ち帰って洗うのが一番だと思います。

後は注意書きです。

車で15分程度の距離に翼山温泉が有るので、連泊でお風呂に入りたい!っていうニーズにも答えれくれる、かなりありがたい無料キャンプです。

トイレに関しては、高規格キャンプ場で慣れている子供や女性には厳しく感じる部分もあると思いますが、昔の駅のトイレっていう感じと思って頂ければわかりやすいかと思います。

それがOKだよっていうのであれば、かなりおススメなキャンプ場です。

とりあえず行ってみて、やっぱりちょっと無理かも…となっても、すぐ横くらいの場所に大池オートキャンプ場がありますから、お引っ越しもアリかもしれませんね(笑)。

ちなみにぼるしち家はトイレがやっぱりダメという女性陣の声に負けて、こちらでは木キャンプが出来ませんでした…。俺は良いねんけどな…グスン…。

それではまた!

ちなみに、すぐ横に有料の大池オートキャンプ場があります。私はファミリーにはこちらをお勧めします。

湖畔でカヌーも楽しめる!東かがわ市の大池オートキャンプ場をご紹介
香川と徳島の県境近くにある大池を囲むようにキャンプサイトが配置されている大池オートキャンプ場。水辺で網を使って海の生き物が取れ、カヌーやボートで遊ぶことも出来る、湖畔というロケーションをしっかりと楽しめるこちらに行ってきたので、ご紹介します。

↓その他の香川県のキャンプ場はこちら↓

香川県の無料キャンプ場「ことなみ土器どきひろば」でデイキャンプ!
今回は香川県の少し西寄りに位置するまんのう町にある、無料キャンプ場「ことなみ土器どきひろば」でデイキャンプ!土器川がすぐそばに流れ・桜並木もあるこの土器どきひろばの設備などをご紹介します!その時のデイキャンプの様子も一緒にね!
お風呂からは瀬戸大橋!香川県の休暇村讃岐五色台キャンプ場をご紹介 
高松市と坂出市街の中間位に位置する五色台という山の上に有り、休暇村本館からは瀬戸大橋が見え、キャンプ場は木々に囲まれています。オートサイト・ユニバーサルデザインサイト・フリーサイトがある休暇村讃岐五色台オートキャンプ場の詳細をご紹介します。
景色・遊具!見どころ満載の国営公園でキャンプ!香川県「ホッ!とステイまんのう」をご紹介!
自然豊かな四国。その四国にある唯一の国営公園「国営讃岐まんのう公園」内にある「ホッとステイまんのう」というキャンプ場をご紹介します。国営公園内という事で立派な遊具はもちろん、あたり一面が緑という本当に素晴らしい四国の自然が広がっていますよ♪

コメント